日本ケンタッキー・フライド・チキン、インテックが提供するクラウド型製品仕様書トレーサビリティサービス「i-TRe(アイトレ)」導入

日本ケンタッキー・フライド・チキン、インテックが提供するクラウド型製品仕様書トレーサビリティサービス「i-TRe(アイトレ)」導入

 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長:渡辺 正夫、以下 日本KFC)は、ITホールディングスグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:金岡 克己、以下 インテック)が4月よりサービスを開始したクラウド型トレーサビリティ ※1 サービス「i-TRe(アイトレ)」を利用し、商品の原材料情報の収集管理をより正確に、より迅速にできる仕組みを構築し5月から運用を開始した。 日本KFCでは、日本KFCが販売する商品の厳重な品質管理を実施しているという。新商品の発売時はもとより、既存商品においても、使用する食材・原材料の変更の度に、成分情報(特にアレルゲン)を仕入業者から「規格書」として収集し、一定の管理基準をもって保管管理している。しかし、規格書は紙で収集していたため、収集に時間が掛かり、紙の情報をデータ化する手間も発生していたという。また、お客からの問い合わせに対する回答までの時間等で改善の余地があったとのこと。 i-TRe(アイトレ)は、インテックが本年4月よりサービスを開始した、食品の安全を安心につなげるトレーサビリティシステムだ。食品の提供者が、説明責任“アカウンタビリティ” ※2を果たすための当該食品に関する情報の収集・管理と、当該食品の流通履歴を把握できる“トラック&トレース” ※3の仕組みをクラウド型のサービスとして提供している。 今回、日本KFCは、食材・原材料提供企業とインターネットを通じて規格書を情報共有するための手段として、自社の要望を入れて開発されたi-TRe(アイトレ)製品仕様書サービスを活用することで、業務効率化を実現しながら、安全・安心への取り組みをさらに強化するに至ったもの。 日本KFCでは、i-TRe(アイトレ)を活用することにより、紙での規格書収集と比べてコスト削減と業務効率化が図れ、さらに情報を正確かつ迅速に共有することにより、商品の品質管理の精度が向上しました。i-TRe(アイトレ)活用の効果は次の通り。(1)仕入業者との電子ワークフローを活用した迅速な情報共有の実現 仕入業者と日本KFC関係部門では、Webブラウザを利用してインターネット上でリアルタイムに規格書の内容を確認できる。また、電子ワークフローを用いて規格書の内容の承認や、否承認の場合の指摘ができるようになり、規格書の提出から承認までの時間を大幅に削減した。なお、仕入業者は無料でシステムを利用できるため、経費負担はない。(2)お客からの問い合わせに対する回答の質の向上と迅速化 収集された規格書は、i-TRe(アイトレ)上の一元化されたデータベースに格納されており、日本KFC内の各部門で閲覧が可能。これにより、品質情報に関わるお客からのお問い合わせに対し、より素早く回答することが可能となった。 日本KFCは、i-TRe(アイトレ)を活用して業務の効率化・迅速化を推進し、お客に安全、安心な商品を提供していくとしている。 インテックは、今後も日本KFCの食の安全と安心への取り組みを支援していくとともに、さらに多くの食品を扱う企業にi-TRe(アイトレ)の活用を推進し、消費者に食品の安心を届ける支援を行っていくとしている。株式会社インテックhttp://www.intec.co.jp/日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社http://japan.kfc.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.