就活SPIテストもiPadで対策する“デジタル就活時代”へ、iPad専用ソフトウェア『就活アプリ』シリーズ、7月1日から順次発売

就活SPIテストもiPadで対策する“デジタル就活時代”へ、iPad専用ソフトウェア『就活アプリ』シリーズ、7月1日から順次発売

 iPhone/iPod touch向け教育アプリの開発代行サービスを展開するセブンシーズ・テックワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:川嶋 誠、以下 SSTW)は、出版各社からの協力を得て、iPad専用ソフトウェアとして就職活動を支援する『就活アプリ』シリーズのLITE版(無償)を展開してきたが、7月1日から製品版(有償)を順次リリースすると発表。今回のリリースでは、株式会社朝日出版社、インフォレスト株式会社、株式会社実務教育出版、TAC株式会社、株式会社中央経済社の5社にコンテンツ提供を実施する。 近年の就職活動は、「セミナーの予約さえあっという間に満席で締め切られる」ほど、スピード感がなければ内定を勝ち取ることができなくなっているという。学生はその状況に対応するため、外出先でも最新のセミナー情報や会社情報を集められる、iPhoneなどのスマートフォンを持ち、絶えず電波を張っている状況とのこと。 また学生の就職活動にとって、ITの有効活用は必須となっており、Twitterやfacebookなどのソーシャルメディアで、他の就活生と情報交換することも当たり前になっているという。この“デジタル就活時代”ともいうべき学生を取り巻く状況の中で登場したiPadにより、今後さらに「学生のデジタル化」が進むと考えられるとのこと。 こうした状況を踏まえ、SSTWでは“デジタル世代”の就活生に向けて、内定の第一歩である「SPI2」や「テストセンター」の対策や就職活動に優位な資格取得を効率的に学習できる、iPad専用ソフトウェア『就活アプリ』シリーズを発売することとなった。 コンテンツを提供する出版社は、株式会社朝日出版社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:原 雅久)、インフォレスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三田寺 要治)、株式会社実務教育出版(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池澤 徹也)、TAC株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:斎藤 博明)、株式会社中央経済社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本 憲央)の5社となる。SSTWと出版5社では、iPadを学習支援デバイスと位置づけ、出版各社のもつ教育書籍とノウハウを教育アプリケーションとして発展させていく予定としている。就活アプリhttp://www.sstw.co.jp/shuukatsu-apps/セブンシーズ・テックワークス株式会社http://www.sstw.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.