クラウドと従来インフラのハイブリッドEC構築ソリューション「ERS.クラウド」提供開始

 ECシステムの構築を中心にインターネット上でデータベースと連携したマッチングシステム事業を展開する株式会社アイブイピー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:縄谷 正明)は、ECサイト運用コストの大幅削減を可能とした、クラウド連携ECサイト構築ソリューション「ERS.クラウド」の提供を開始したと発表。 同サービスは、クラウドコンピューティングの技術を用いて、アクセス状況に応じてクラウド環境を増設し、平常時のインフラスペックを最適化することで従来の専用サーバ運用からランニングコストを大幅に削減することができる、クラウドと従来インフラのハイブリッドECサイト構築ソリューションだ。 これまでのECサイト運用では、最大アクセス数を想定して設計がされているため、平常時ではそのスペックが有効利用されずにサーバを保有するためだけの無駄なランニング費用が発生しており、また一方ではアクセス急増への対応ができずに顧客を逃しているECサイトも存在していたという。 同サービスでは、Google App EngineやNiftyクラウド等のパブリッククラウドとの連携したECサイトを構築することにより、キャンペーン実施時など高トラフィックが予想される短期間のみインフラ増設ができ、アクセス急増への柔軟な対応、そして平常時の運用費用を大幅に削減することが実現可能とのこと。 また、セキュリティ面においても、アクセス量の多いページはクラウド環境を利用し、セキュア情報の含まれるユーザ関連ページを自社データセンター内の独自サーバで管理することで、個人情報のセキュリティ対策へ万全の体制を確保している。 さらに、同サービスは、主要24通貨に対応している世界的な決済システム「PayPal」を標準搭載しているので、国内利用はもちろん、多言語展開時にも決済がスムーズに進み、世界規模でのビジネス展開も視野に入れることが可能となっている。 同社では、同サービスの展開により、瞬時の高トラフィックにも、これまでにない低価格での柔軟な対応、世界進出も目指せるECサイトの構築ソリューションの提供を行っていくとしている。ERS.クラウドhttp://www.ivp.co.jp/ers_cloud/株式会社アイブイピーhttp://www.ivp.co.jp

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.