えいごや、社会人のニーズに合わせた5教科個別指導を本格開始、全年齢を対象とした新しい学習施設へとリニューアル

 株式会社えいごや(所在地:神奈川県藤沢市、代表取締役社長:伊藤 雄吉)は、2010年7月20日(火)より、社会人向けの5教科指導を本格的に開始し、全年齢を対象とした全く新しい学習施設「えいごや」へとリニューアルすると発表。中高生に特化した基礎学習プログラムの価値をそのままに、社会人・専門家など全ての方のニーズに合わせた5教科個別指導を展開する。 えいごやは、「基礎学習」のプロフェッショナルとして、中高生、大学生を対象に授業を行ってきた企業。専門分野やビジネスにおいて将来必要とされる能力には、英語・数学・国語・理科・社会の5教科を通して身につけられるものが多くあるという。また、ひとりひとりの目標、将来のイメージに必要とされる能力が、どの教科のどの内容を練習すれば身につくのかを具体的に提案し、それぞれの生活の中でどのように役立つのかを認識した上で、授業を進めてきたとのこと。 顧客の増大に伴い、受験を控える中学生や高校生のみならず英語の授業を受ける大人のお客から、英語以外にも“社会における必要性”を前提としてデザインした授業はないか、という相談を受ける機会が増えてきたという。えいごやでずっとこだわり続けてきた、「社会においても役に立つ能力」は、中高生のみならず、大人の方にとっても有用なサービスとして提供できるのではないか、という気付きから、大きなニーズを感じ取り、えいごやの新しい展開は始まった。 現在、えいごやでは中学生や高校生はもちろん、ビジネスマン、大学生、大学院生、主婦の方、シニアの方、医師の方や、果ては大学教授の方まで、様々なお客が、それぞれの必要性に応じて5教科(英語、数学、国語、理科、社会)の個別指導を受ける姿を見ることができるとのことだ。 また、2010年7月18日(日)には、藤沢市湘南台において「えいごや」の授業内容や教育理論についての説明会を開催するとしている。説明会の開催http://www.eigoya.jp/summer2010/株式会社えいごやhttp://www.eigoya.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.