アライドアーキテクツ、オレンジ・アンド・パートナーズ、Twitterを利用したテレビ・ラジオ連動つぶやきサービス「ピーチク」が「パソコンも地デジカ!!」キャンペーン連動コンテンツ「参議院選挙特設ページ」をオープン

アライドアーキテクツ、オレンジ・アンド・パートナーズ、Twitterを利用したテレビ・ラジオ連動つぶやきサービス「ピーチク」が「パソコンも地デジカ!!」キャンペーン連動コンテンツ「参議院選挙特設ページ」をオープン

 アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村 壮秀)と、株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小山 薫堂)が共同提供する、Twitterを利用したテレビ・ラジオ連動つぶやきサービス「ピーチク」は、2010年7月11日(日)に予定されている第22回参議院議員選挙に向けて、ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC) ※1による「Watch PC?『パソコンも地デジカ!!』キャンペーン」との連動コンテンツ「パソコンも地デジカ!!×ピーチク 参議院選挙特設ページ」を2010年7月6日(火)~2010年7月20日(火)の期間限定でオープンすると発表。 今回発表した特設サイトは、地デジパソコンをはじめ、テレビやラジオで放送されるニュース番組などを視聴しながらTwitterの機能を使って参議院選挙に関するつぶやきを投稿することで、Twitterユーザー同士で政治の話題をリアルタイムに共有することができるというもの。つぶやきのテーマとなる政党名を選択して投稿すると、ツイート数の合計が政党ごとにバラのアイコンによって表示され、参議院選挙に関する有権者の「関心度」を可視化される。 また、Twitter上に投稿された選挙関連のキーワードを含むツイートをハッシュタグ機能によって集約し、タイムライン上に表示されることとなる。 なお、ピーチクでは、「Watch PC?『パソコンも地デジカ!!』キャンペーン」とのさらなる連動コンテンツとして、2010年7月27日(火)より「甲子園特設ページ」をオープンする予定としている。※1 WDLCとはウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(会長:堂山 昌司)が、情報機器や情報サービスに関する業界をこえた連携によって新たなデジタルライフスタイルの提案を目指す団体の名称。2010年4月時点で、約100社が参加している。ピーチクhttp://ptic.jp/パソコンも地デジカ!!×ピーチク 参議院選挙特設ページhttp://www.wdlc.jp/ptic/senkyo.htmlアライドアーキテクツ株式会社http://www.aainc.co.jp/株式会社オレンジ・アンド・パートナーズhttp://www.orange-p.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.