ショート映像コンテンツを探しているメディアのためのwebサイト『1分堂』をスタート

ショート映像コンテンツを探しているメディアのためのwebサイト『1分堂』をスタート

 株式会社IMAGICAイメージワークス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:中村 昌志)は、同社が制作したユニークで楽しいショート映像コンテンツを様々なメディアに紹介・提供するwebサイト『1分堂』を7月6日よりスタートした。 モバイルデバイスやデジタルサイネージなど、新しいメディアが次々と登場し、ネットワークで結ばれていく今日、そこで流れる映像コンテンツに対するニーズはますます強くなってきている。『1分堂』は、そうしたメディアの映像コンテンツへの渇望に応えるwebサイトとなっている。 『1分堂』では、IMAGICAイメージワークスが制作したショート映像コンテンツを紹介し、web、モバイルデバイス、デジタルサイネージなど各種メディアでの2次利用を可能にしている。また、これらコンテンツが利用される目的や形態、ターゲットとする視聴者層に応じて、コンテンツを編集・カスタマイズしたり、続編やスピンオフ企画を制作するなど、メディアの要望、相談に応じて柔軟に対応するとしている。 なお、第一弾として公開するショートコンテンツは、電車内デジタルサイネージで放映された「なるほど俳句」、「出身地がわかる!気づかない方言」、「一秒の世界」の3本となっている。1分堂http://ippundo.iw-service.jp/株式会社IMAGICAイメージワークスhttp://www.imagica-imageworks.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.