DisplayPortを含む3系統の入力端子を搭載した高解像度WUXGA対応の22.0型カラー液晶モニターを発売

DisplayPortを含む3系統の入力端子を搭載した高解像度WUXGA対応の22.0型カラー液晶モニターを発売

 株式会社ナナオ(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、22.0型の画面に高解像度WUXGA(1920×1200ドット)表示が可能で、DisplayPortを含む3系統入力を搭載した、広色域表示対応の56cm(22.0)型カラー液晶モニター EIZO FlexScan S2243W-HX(以下、S2243W-HX)を7月23日より発売開始すると発表。価格はオープン価格。 S2243W-HXは、2009年2月5日の発売以来、CADやグラフィックスユース、文教分野、一般法人事務、家庭向けなど、幅広い市場に向けて販売を行ってきた56cm(22.0)型カラー液晶モニター EIZO FlexScan S2242Wの後継機となる。 旧機種で好評だった、高解像度WUXGA対応やAdobe RGBカバー率95%の広色域表示などの特長はそのまま継承。ワイド22.0型の画面にWUXGA(1920×1200)の高解像度を表示できるため、通常のワイド22.0型モニター相当のWSXGA+(1680×1050)の解像度と比較して、約1.3倍の情報をコンパクトかつ高精細に参照することができるものとなった。 また、新たに次世代デジタルインターフェースのDisplayPortコネクタを搭載。著作権保護技術のHDCPに対応したDVI-D 24ピンコネクタと、アナログ接続に対応したD-Sub 15ピン(ミニ)コネクタを併せ、最大3系統入力に対応。 スタンドには、モニター部の幅広い位置調整が可能な「FlexStand」を採用。最大昇降225mmの幅広い高さ調整や、モニター部の縦回転、左右各172°の広範なスウィーベルに対応している。 動画表示においては、中間階調の応答速度を高めるオーバードライブ回路を搭載しており、明るくクリアな動画を再現。また、プリンタ出力との色合せをサポートするカラーマッチングツールEIZO EasyPIXに対応しており、デジカメユーザーにも最適な表示が可能とのことだ。S2243W-HXhttp://www.eizo.co.jp/products/lcd/s2243whx/株式会社ナナオhttp://www.eizo.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.