日本ブランド戦略研究所調べ、最もよくできた環境サイトは「リコー」、2位は大和ハウス工業、3位はNEC

 日本ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表者・榛沢明浩)は、各企業の環境サイトの整備状況について調査した。1位はリコーで評価基準の達成率は96.3%であった。2位は大和ハウス工業で92.6%、以下、NECが88.9%という結果となった。【環境サイトの整備状況の調査結果】ランク(評価基準の達成率)該当企業―――――――――――――――――――――――――――――――――――AAA(90%以上)リコー、大和ハウス工業―――――――――――――――――――――――――――――――――――AA (85%~90%未満)NEC、サントリー、三菱電機、東芝、東京ガス、大阪ガス―――――――――――――――――――――――――――――――――――A (80%~85%未満)アサヒビール、ソニー、日立製作所、シャープ、関西電力―――――――――――――――――――――――――――――――――――BBB(75%~80%未満)パナソニック、ダイキン工業、本田技研工業、東京電力―――――――――――――――――――――――――――――――――――BB (70%~75%未満)富士通、三洋電機、ブリヂストン、トステム、NTT東日本、積水ハウス、コスモ石油―――――――――――――――――――――――――――――――――――B (65%~70%未満)キヤノン、京セラ、トヨタ自動車、九州電力、新日本石油―――――――――――――――――――――――――――――――――――CCC(60%~65%未満)住友林業、INAX、TOTO、コクヨ、沖縄電力―――――――――――――――――――――――――――――――――――CC (55%~60%未満)パイオニア、コニカミノルタ、ブラザー工業、中国電力、キリンホールディングス、明治乳業、東レ、オリンパス、横浜ゴム、NTTコミュニケーションズ―――――――――――――――――――――――――――――――――――C (50%~55%未満)王子製紙、富士ゼロックス、オムロン、デンソー、中部電力、ジャパンエナジー―――――――――――――――――――――――――――――――――――調査詳細http://japanbrand.jp/eco株式会社日本ブランド戦略研究所http://japanbrand.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.