ソーシャルアプリゲームと提携するコカ・コーラハッピーサマーキャンペーンを展開

ソーシャルアプリゲームと提携するコカ・コーラハッピーサマーキャンペーンを展開

 日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ダニエル・H・セイヤー)は、7月12日(月)より、コカ・コーラブランドを中心に実施する夏のキャンペーン「2010年コカ・コーラ ハッピーサマープロモーション」の活動の一環として、当社が展開する会員制サイト「コカ・コーラ パーク」と、複数の人気ソーシャルアプリとのコラボレーションキャンペーンを展開すると発表。 今回のキャンペーンは、「2010年コカ・コーラ ハッピーサマープロモーション」に参加した方に対して、7月27日13:00より対象となる各ソーシャルアプリで利用可能な「ソーシャルコード」をもれなく配布するというもの。参加者は「コカ・コーラパーク認定アプリ」一覧ページから各ソーシャルアプリにアクセスし入手した「ソーシャルコード」を入力することで、同キャンペーン期間中限定で、各アプリケーションがオリジナルで制作した「コカ・コーラスペシャルアイテム」を獲得することが可能。 各アプリケーションについては「コカ・コーラ パーク」の運営事務局が厳正な審査を行い、ゲームの内容やシステムの安定性などについて安心して利用できるもののみに対して「コカ・コーラ パーク認定アプリ」として認定を行われたという。認定を受けたソーシャルアプリには、「コカ・コーラ パーク認定アプリロゴ」が掲出される。同キャンペーンを通じて、アプリ参加者はもちろんのこと、現在増えているであろう一般のソーシャルアプリユーザーに対しても、広くコカ・コーラ パークとの接点を増やすことにつながると、期待されている。「コカ・コーラパーク認定アプリ」一覧ページhttp://c.cocacola.co.jp/campaign/socialcode/日本コカ・コーラ株式会社http://cocacola.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.