指紋認証シングルサインオンシステム『DigitalPersona Pro』、株式会社神戸製鋼所の機械事業部門、資源・エンジニアリング事業部門に導入

 株式会社ヒューマンテクノロジーズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:恵志 章夫、以下 ヒューマンテクノロジーズ)は、指紋認証によるシングルサインオンシステム『DigitalPersona Pro』が、株式会社神戸製鋼所(所在地:兵庫県神戸市、代表取締役:佐藤 廣士、以下 神戸製鋼所)の機械事業部門、資源・エンジニアリング事業部門に導入されたことを発表。 神戸製鋼所の機械事業部門、資源・エンジニアリング事業部門では、2004年からインフラ統合計画の一貫として認証セキュリティシステムの見直しを行い、長い評価・検証期間の末、ヒューマンテクノロジーズの提供する指紋認証シングルサインオンシステム『DigitalPersona Pro』を導入した。 システムの導入は2009年7月に始まり、現在では機械事業部門、資源・エンジニアリング事業部門のノートPC利用者およそ1,500名が使用している。2010年度には、さらにデスクトップPC利用者およそ1,800名が同システムを利用するようになる予定としている。 今回の発表に関し、神戸製鋼所 機械事業部門 櫻井 智紀氏は、「機械事業部門、資源・エンジニアリング事業部門は、業務上ノートPCを携えて、先方で設計等の打ち合わせをすることが多い業態ですので、情報漏洩のリスクが高く、指紋認証の導入を決意しました。セキュリティ強化の効果だけではなく、ログオンするとき、わざわざパスワードを打つ必要がなく楽になったと、利用部門からは非常に好評です。運用管理者の立場から言わせていただくと、パスワード運用管理の手間が省けて非常に楽ができるようになりました。」と、コメントを発表している。 また、ヒューマンテクノロジーズ 執行役員COO 藤村 高寛は、「日本4大鉄鋼メーカーである神戸製鋼所に同社の製品が採用されたことは大変な光栄であり、喜ばしいことです。大規模企業では特にパスワードの管理に課題を抱えていることが多く、こういった問題点に対して、指紋認証が有効なソリューションであることが証明されたと考えます。同業界での指紋認証システムの導入成功事例として、今後の展開に期待します。」とコメントを発表した。株式会社ヒューマンテクノロジーズhttp://www.h-t.co.jp/株式会社神戸製鋼所http://www.kobelco.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.