サイレックスとワコム、コンピュータ本体と液晶ペンタブレットをワイヤレスで操作できるソリューションを開発

 サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表執行役社長:河野 剛士、以下 サイレックス)と株式会社ワコム(本社:埼玉県加須市、代表取締役社長:山田 正彦、以下 ワコム)は、ワコムの液晶ペンタブレットをワイヤレス化して利用するために最適なシステムソリューションの開発をこのほど完了し、2011年3月の製品化を目指して共同で市場開拓を行うことで合意したと発表。両社はこのソリューションの試作環境を7月14日(水)から東京ビッグサイトで開催される国際モダンホスピタルショウ2010で紹介し、デモンストレーションを行う予定。 ワコムの液晶ペンタブレットは、医療機関や教育機関、デザイン制作現場、ペーパーレス会議室、コールセンターなど、さまざまな場面で利用されている。通常はコンピュータと液晶ペンタブレットがケーブルで接続されるが、利用する環境によっては設置場所に制限があったり、セキュリティ上または衛生上の理由でコンピュータと液晶ペンタブレットを離れた場所に設置したいというニーズがあったという。 これに対して両社は、サイレックスの映像ワイヤレスシステム端末「Network Display Adaptor」(NetDA)を介してワコムの液晶ペンタブレットとコンピュータをワイヤレスLANで接続した状態で、筆圧や色のバリエーションなど、手書きの描画や文字入力を実運用レベルで行えるようにした。通信規格には、一般に広く利用されているワイヤレスLAN規格IEEE 802.11gよりも約5倍の通信速度を持つIEEE 802.11nを使用。また、NetDAは、複数台の液晶ペンタブレットをコンピュータと接続しても、ビデオ信号とUSB信号を同時に送信することが可能となっている。 これにより、ワコムの液晶ペンタブレット全ての製品は、ワイヤレスLAN環境で手書き入力/ポインティング操作、そして複数台の同時表示が可能になり、コンピュータとの間で双方向の信号やり取りが可能なワイヤレスインタラクティブソリューションとして幅広い分野で活用できるとしている。 なお、両社は、医療・教育機関などの施設分野、流通、金融や製造業などの分野で需要を見込んでいるとのことだ。サイレックス・テクノロジー株式会社http://www.silex.jp/株式会社ワコムhttp://www.wacom.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.