神戸電子専門学校が地域の人々と一緒に地球温暖化について考える「クールアース・ウィーク」を開催

神戸電子専門学校が地域の人々と一緒に地球温暖化について考える「クールアース・ウィーク」を開催

 学校法人コンピュータ総合学園「神戸電子専門学校」「神戸情報大学院大学」(所在地:神戸市中央区)は、2010年7月12日(月)から年7月17日(土)の1週間にわたり、学生が主体となって、地球温暖化問題について「できることからはじめる」をテーマに掲げたイベント「クールアース・ウィーク」を開催する。本年で4回目を迎えるこのイベントは、「神戸北野地区をクールダウン!」を合言葉に、学校近隣の周囲の住民と一緒に協力しながら、地球環境問題への対策を「身近なところから楽しく」できるようなアイディアを企画・実践するもの。【イベント内容】1.ストップ温暖化!「打ち水大作戦2010」を実施日時:7月12日(月)/7月17日(土)毎日16時、および17時(学校前のみ)より開始場所:神戸電子専門学校前、及び北野・山本地区一帯(北野異人館広場、北野坂など)地域の気温を少しでも下げてヒートアイランド現象を食い止めよう!とする試みで、女子学生が浴衣を着用し、見た目にも涼しさを演出。海外からの留学生も参加し、日本の文化を体験しながら、環境問題について一緒に学ぶもの。2.音楽系専攻の学生による“サウンドインスタレーション”を開催日時:7月13日(火)15時~16時半場所:神戸電子専門学校 北野館1階エントランス及び地下2階“音”で涼しさを表現、1千年前の遺産が眠るナゾの海底洞窟へご案内。学生が5.1chサラウンド音響技術や、照明技術を駆使し、リアルな空間と涼しさをお届けする。3.エコキャップ運動を展開日時:期間中毎日場所:神戸電子専門学校 北野館1階エントランスペットボトルのキャップを回収し、途上国の子ども達へのワクチン代にあてる「エコキャップ活動」を展開。今まで神戸電子の女子学生による「女子部エコキャンペーン」の一環として、教室に回収ボックスを設置し、学校を挙げて回収に取り組んでいたものを、近隣の方にも協力を呼びかけてさらにパワーアップが図られる。神戸電子専門学校http://www.kobedenshi.ac.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.