Android対応アプリケーションのユーザーインターフェース・デザイン提供開始

Android対応アプリケーションのユーザーインターフェース・デザイン提供開始

 ソシオメディア株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:篠原 稔和、以下 ソシオメディア)は、Android(アンドロイド)対応アプリケーションのユーザーインターフェース・デザインおよびコンサルティングの提供を開始。 Androidは、Google Inc.を中心とした団体「Open Handset Alliance」により開発された、オープンソースの携帯電話用プラットフォームだ。開発面、ビジネスモデル面での高い自由度が大きな魅力であり、本年3月からはGoogle Apps Marketplaceにおいて多数のアプリケーションが提供されている。日本でも各キャリアからAndroid搭載スマートフォンが出揃い、大きな話題となった。 スマートフォンやタブレットなど幅広い機器のOSとして、家電、車載機器、業務用・医療用・教育用などさまざまな分野において普及が予測されている。 そこで同社は、長年のユーザビリティコンサルティングやユーザーインターフェース・デザインの経験を活かし、Android対応アプリケーションのユーザーインターフェース・デザインおよびコンサルティング、既存ウェブアプリケーションのAndroid向け最適化デザインおよびコンサルティングの提供を開始した。 なお、2010年3月にはAndoroid搭載スマートフォン向けアプリのユーザーインターフェース・デザインを完了し、好評を博しているとのことだ。サービス紹介http://www.sociomedia.co.jp/2942ソシオメディア株式会社http://www.sociomedia.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.