中古マンションをより高い価格で売却する「売主の味方」、「査定の査定」とともに7月20日よりサービス開始

 「消費者が不動産取引で後悔しない」ためのサービスとして、株式会社不動産仲介透明化フォーラム(所在地:東京都町田市、代表取締役:風戸 裕樹)は、今回、中古マンションをより高い価格で売却する「売主の味方」を、7月20日より開始すると発表。同時に査定のセカンドオピニオン「査定の査定」も開始する。 「売主の味方」は、不動産売却の売主だけの味方(エージェント)となることで、買主側の仲介(エージェント)を「やらない」ことを宣言し、売主のことだけを考えた査定価格・売却戦略・条件交渉を立案・実行するというもの。買主を紹介するのは、同社以外の不動産会社となる。 日本の仲介会社は、法律的に売主と買主の両方の仲介を兼ねることができるため、売主の仲介者が必ずしも売主のためだけにならないケースもあったという。そのため、売主が満足する価格、条件で交渉できているとも限らないとのこと。 「売主の味方」は、売主だけの味方(エージェント)になるため、買主を紹介する同社以外の不動産会社各社に公平・透明・迅速に情報を提供するというもの。提供先の不動産会社各社が利用する無数の媒体を利用することが可能となるため、通常の1社~複数社で売却活動を行う場合以上の情報公開が可能となり、購入検討者への情報提供機会の損失を最小限にするとしている。 さらに、同社は売主のための専業エージェントとして買主側の仲介会社と交渉を行うことで、売主のためだけの立場に立ち、売主のためにより良い条件での売却を目指すとしている。売主の味方http://www.urinushi-no-mikata.com/査定の査定http://www.urinushi-no-mikata.com/secondopinion.html株式会社不動産仲介透明化フォーラムhttp://www.fct-forum.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.