ソフトバンク・ペイメント・サービス、エーアイとの販売パートナー提携を決定、高品質音声合成エンジンとの連携により充実したソリューション提供が実現

 ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:阿多 親市、以下 SBPS)と株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、以下 エーアイ)は、エーアイが提供している高品質音声合成エンジン「AITalk(R)」の販売パートナーとして業務提携を行うことに合意。 音声合成エンジン「AITalk(R)」は、テキストを入力するだけで音声に変換することができ、CTIソリューションのIVR機能にとって重要な拡張機能のひとつとなっている。SBPSのCTIソリューションと接続することにより、コンタクトセンターやオフィスで、オートコールや金融機関などのサービス案内、店舗の情報案内など、リアルタイムで音声を作成する音声案内が可能となっている。 今回の業務提携により、SBPSは販売パートナーとして「AITalk(R)」の販売を開始することに加え、SBPSのCTIソリューションに音声合成の機能を実装し活用することで、SBPSが提供する独自のCTIソリューションの更なる価値向上を目指すとしている。 またSBPSとエーアイは、今後も両社のもつ高い技術を連携し、音声合成エンジンを活用したサービスの拡充を目指していくとした。ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社http://www.sbpayment.jp/株式会社エーアイhttp://www.ai-j.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.