ナウい、法人向けの福利厚生代行サービス開始予定

 株式会社ナウい(本社所在地:東京都杉並区、代表取締役:桑山 裕史、以下 ナウい)は、2009年12月に設立。杉並区地域密着でセカンドステージ世代に特化したコンサルティングサービスを提供している。今回、『チューリップ倶楽部』では法人向けに杉並職住環境支援チケットサービスを開始すると発表。 中小企業や個人事業者にとって、大企業のような充実した福利厚生サービスの従業員への提供や、サービスの維持はコストや効率の面で非常に難しいのが現状という。また、福利厚生サービスに加入したものの結局利用していないというのが実情で、企業側の不満ではないだろうか、本来の福利厚生サービスは、現在の従業員の会社への満足度向上や、新しい人材の獲得という意味で、企業の規模を問わず重要な条件のひとつとなっている。 そこで、ナウいでは現在個人向けに運営をしている『チューリップ倶楽部』を法人の福利厚生としても利用できるよう始動した。元々個人向けのオーダーメードサービスであるため、ワークタイムや従業員の要望に合わせてオーダーメイドで提供可能。特にオフィスの空きスペースや、自宅へ出張してのサービスを、チケットで必要な分だけ利用出来るのが他社との差別化だとしている。株式会社ナウいhttp://www.now-e.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.