業界初、携帯電話でプレーバックマイクロSD転送機能つきドライブレコーダー『TM-V730A01』を、8月1日より販売開始

業界初、携帯電話でプレーバックマイクロSD転送機能つきドライブレコーダー『TM-V730A01』を、8月1日より販売開始

 トム通信工業株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:渡辺 信夫)は、業務用のドライブレコーダーで培った技術を活かして一般車向けのドライブレコーダー『TM-V730A01』を開発し、8月1日より販売を開始すると発表。 業務用市場では安全運転や業務効率に関する意識の高揚と共に、事故やトラブルの原因究明や運転教育に活用できるドライブレコーダーの重要性が認識され、バス、トラック、タクシー等をはじめ設置台数が急速に増加してきているという。その影響は一般車にも及ぶことが予想され、商品化に至ったとしている。 なお、『TM-V730A01』は、これまでバスやトラック、特殊車両等に向けたドライブレコーダーの開発で培った技術を生かし、一般車向けに開発されている。TM-V730A01http://www.tomreco.jp/トム通信工業株式会社http://www.tomcom.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.