ケータイマンガ投稿サイト『創作広場あいみんと』、自分で組み立てたマンガを使ってTwitterでつぶやけるサービスの提供を開始

 株式会社アイミント(所在地:東京都調布市、代表取締役:小野 朋子)は、自社の運営するケータイマンガ投稿サイト『創作広場あいみんと』において、自分で組み立てたマンガや、お気に入りの投稿済みマンガを、Twitterのつぶやきに簡単に取り込めるサービスの提供を2010年7月26日より開始したと発表。従来、文字で表現されていたつぶやきにマンガ表現を取り入れることで、Twitterの世界をさらに楽しむことが可能となった。 アイミントが運営するケータイマンガ投稿サイト『創作広場あいみんと』は、普段使っている携帯電話で、背景、キャラクタ、吹き出しなどのパーツを組み合わせてマンガを作り、いつでもどこでも、簡単な操作でマンガを制作・投稿することができるケータイマンガ投稿サイトだ。自社や他の会員の方が提供するパーツを組み合わせることで、絵が描けない方でもマンガ作りを楽しむことができるものとなっている。 一般的なマンガ投稿サイトは、作家がキャラクタデザインやストーリーのプロットから考え、マンガ全体を仕上げて投稿することから、作られた物語を楽しむことがサービスの中心となっている。それに対し、より気楽に投稿できる『創作広場あいみんと』には、日々の出来事や過去の体験談を面白おかしくマンガ形式で綴った身近な作品が多く含まれるという特徴がある。 一方、急速に普及するTwitterのようなマイクロブログサービスは、文字ベースで日常の出来事を綴るような使い方に大変適している。 このような背景から、『創作広場あいみんと』では、「ケータイでいつでもどこでも簡単にマンガを作って投稿する」という従来のサービスに加えて、「作ったマンガを引用してTwitterでつぶやくことができる」というつぶやき連携サービスを新たに提供することとなった。 つぶやきで引用されるマンガ閲覧用URLは、マルチプラットフォームに対応しており、ケータイだけではなく、PCやスマートフォン(iPhoneやAndroidケータイ)を含めた、ほとんどのWebブラウザ搭載端末で閲覧することが可能となっている。 これにより、例えば、外出先で面白いエピソードを見かけたら、すぐその場でケータイを使ってマンガを組み立てて投稿し、そのままモバイル版Twitterからつぶやく、という使い方ができるようになった。従来、文字で表現されていたつぶやきに同社のマンガ表現を取り入れることで、Twitterの世界をさらに楽しむことができる、としている。創作広場あいみんと – モバイルhttp://imint.jp/株式会社アイミントhttp://imint.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.