2010年4月入社、新社会人の意識調査、約9割が「職場の人間関係うまくいっている」と回答、順調な出だし

2010年4月入社、新社会人の意識調査、約9割が「職場の人間関係うまくいっている」と回答、順調な出だし

 人事総合ソリューション企業(採用・育成・人事労務)のレジェンダ・コーポレーション株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤波 達雄)は、2010年4月に入社した新社会人1,416名に対して意識調査を行い、450名から回答を得た(調査期間は7月7日(水)~7月17日(土))。 ゆとり世代初の新社会人となった今年の新入社員は、人間関係の希薄さや早期の離職を懸念しているという。今回、レジェンダ・コーポレーションでは、入社後3ヶ月経ち会社に定着しているかどうか、また転職の意思の有無を調査し、ゆとり世代の新社会人の考え方、先輩との付き合い方を明らかにした。 入社後3ヶ月経った7月上旬に、職場の人間関係はうまくいっているか尋ねたところ、約9割の新社会人が「はい」と答えた。その理由については「先輩・上司の優しさや心遣い」「会社全体のサポート」を挙げるコメントが目立ち、企業側の受入態勢に効果があったことを感じさせる内容となった。先輩・上司との飲み会は月1回以上行く人が7割以上に上り、職場以外のコミュニケーションの場もうまく活用し、人間関係を醸成していることが伺える。 また、入社後、転職について考えたことがあるかどうか尋ねたところ、「転職を考えたことがない」(56.9%)が、転職したいと考える人(43.1%)を上回った。 今回の調査による同社の見解は、ゆとり世代初の新社会人となった今年の新入社員は、入社前から人間関係の希薄さや早期離職の可能性を懸念されていた。これに対し、ゆとり世代向けに新しく、学生から社会人へ変革を図る研修を取入れる他、上司・先輩が新人に歩み寄って教育する育成方針を持つ等、受入態勢を整える企業が多く出た。 今回の調査では、入社後3ヶ月経ち上司・先輩と打ち解けている様子が伺え、職場の人間関係についてのコメントにも、企業側の受入態勢に効果のあったことを感じさせるものが多く目立った。まずは職場の良好な人間関係で会社に定着させることに企業側が成功していると推測している。ただし、仕事ができる社会人になるのはこれからが本番。企業もまだまだ見守っていく姿勢が求められそうだ、としている。レジェンダ・コーポレーション株式会社http://www.leggenda.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.