BIGLOBEがクラウド型遠隔データ消去サービス「リモートワイプ」に大規模ユーザ向けメニューを追加

 BIGLOBEでは、7月27日より、企業向けクラウド型遠隔データ消去サービス「リモートワイプ」を強化し、大規模ユーザ向けメニュー「エンタープライズプラン」を追加した。 「リモートワイプ」は、専用ソフトをインストールし、パソコンの盗難や紛失が発生した場合でも、ネット接続可能なパソコンからあらかじめ設定した対象パソコンのデータを遠隔で消去できるサービスだ。「エンタープライズプラン」は、従来から提供する中小規模企業向けの「スタンダードプラン」(1社100台以下での利用を推奨)に加えて提供するもので、100台以上のパソコンを管理する企業を対象に提供している。これにより、企業では、利用規模に応じて最適なプランを選択することが可能となる。 「エンタープライズプラン」の特長は、CSV形式のファイルを使ったクライアント情報の一括登録やクライアントのサイレントインストール(自動インストール)に対応しているため、数百台以上の規模でも管理者の負担を最小限に抑え、導入可能となる。 また、管理者を複数人登録することができ、かつ管理者の権限に応じて操作できる範囲や管理できるパソコンを制限することができるため、部署毎に異なる管理者を指定して登録パソコンを管理することが可能となっている。 クラウド上に企業毎の専用環境を構築して提供するため、ネットワーク接続制限やサーバとの通信間隔の設定など、企業独自のセキュリティポリシーに即した対応や、使い方に合わせた設定が行える。また、一定時間サーバへのアクセスがなかった場合、消去対象データを自動消去する「時限消去機能」を実装。盗難・紛失時にインターネット接続がされず、消去命令が実行できない間にも、データを消去することも可能だ。リモートワイプhttp://business.biglobe.ne.jp/asp_saas/rwipe/NECビッグローブ株式会社http://www.biglobe.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.