三省堂書店、オンデマンド出版を神保町本店から開始

 株式会社三省堂書店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:亀井 忠雄)は、電子書籍時代における書籍流通のありかたへの新しい提案として、「三省堂書店オンデマンド」出版を三省堂書店神保町本店でこの秋から開始すると発表。 これまでにも「オンデマンド印刷」サービスは存在していたが、印刷所内の大型オフセット印刷機や大型デジタル印刷機で制作するため、お客の目の前で短時間に印刷する、というスタイルには至らなかったという。また、読者からの注文が最低ロット数に達するまでにかなりの日数を必要とするか、あるいは出版されないことも多々あったとのこと。 今回は読者にとって究極の、店頭におけるオンデマンド出版が、「三省堂書店オンデマンド」によって実現するというもの。最低1部からの出版が可能になり、店頭で注文すれば、コーヒータイムほどの短い待ち時間、つまりほぼ目の前で印刷・無線綴じ・三方裁断されて、その場で手渡しできるというもの。店頭で注文できる書籍の第一陣としては、300万点超の学術書を中心とする洋書のほか、日本語の書籍としてはデジタル化済みの書籍について国内の各出版社のご協力を予定しており、今後もラインナップ充実の期待に応えていくとしている。 この無在庫・品切れなしの「店頭オンデマンド出版」システムは、アメリカのランダムハウス元編集者で著名出版人としても名高いジェイスン・エプスタインによって提唱され、オンデマンドブックス社(本社:ニューヨーク、Chairman会長:J.エプスタイン、CEO最高経営責任者:D.ネーラー)が販売する[The Espresso Book Machine(R)]エスプレッソ・ブック・マシーンによって実現可能となったもの。 三省堂書店は今後、この「三省堂書店オンデマンド」サービスを通じて、古今の日本語書籍を日本市場はもちろん海外市場にもより手軽に流通させるにあたり、日本国内における出版各社の協力を広く求めていくとした。オンデマンド出版http://www.books-sanseido.co.jp/event/promo_20100802.html株式会社三省堂書店http://www.books-sanseido.co.jp/オンデマンドブックス社http://www.ondemandbooks.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.