日本の雇用数は最大上げ幅 ― 41.3%を記録、「ロバート・ウォルターズ アジア雇用調査 2010年第2四半期」を発表

 専門分野に特化したグローバルスペシャリスト人材紹介会社、ロバート・ウォルターズ株式会社(本社:英国ロンドン、日本オフィス:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は、2010年第2四半期に関する同社のアジア雇用調査を発表した。 「ロバート・ウォルターズ アジア雇用調査(The Robert Walters Asia Job Index)」では、日本、シンガポール、香港、中国における大手求人情報サイトおよび国内紙に掲載された専門職に関する求人広告数を追跡記録している。 ロバート・ウォルターズのアジア雇用調査では、2010年第2四半期に掲載された求人広告総数は、2009年同時期との比較で約85.9%増加。雇用状態は確実に改善してきているとのこと。 日本では、2009年同時期に比べ、求人広告数は88.5%増加。第2四半期において最大の上げ幅を記録(41.3%)、秘書・サポート職においては、前四半期からは約20%、2009年同時期にくらべると求人数は170%増加、IT関連職は第1四半期から引き続き19.5%増加となった。 シンガポールでは、第1四半期と比べ、求人広告数は13.7%増加したが、第2四半期においては、-0.3%減少。ただし、購買・マーチャンダイズ職においては30.7%の大幅な上昇を見せた。 香港では、第1四半期から比べ、求人広告数は31.5%増。IT職および人事職で著しく上昇(10.4%増、7.7%増)。 中国では、2009年同時期に比べ、求人広告数が90.2%増加。最大の上げ幅を記録。中でもオペレーション職(26.9%増)や広告・マーケティング職(9.5%増)が目立った増加を見せた。 2010年第2四半期の求人広告総数が前の四半期と比べて35.8%増加し、第2四半期内では6%増加したことを示した。2009年の同時期と比較すると、求人広告の総数は85.9%増加したことになり、現在アジア地域における経済成長についてはまだいくらか疑いがあるものの、同調査結果からは特に中国において、用心しつつも一般的には楽観的な展望が伺えるものとなったとしている。アジア雇用調査http://www.asiajobindex.com/ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社http://www.robertwalters.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.