東工取とSMX、KVHとSingTelの超低遅延国際ネットワークサービスを提供

 KVH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:鈴木 みゆき、以下 KVH)とシンガポールテレコム社(本社:シンガポール、CEO Singapore:Allen Lew、以下 SingTel)は、本日、株式会社東京工業品取引所(以下 東工取)とシンガポール・マーカンタイル取引所(以下 SMX)が、KVHとSingTelの国際ネットワークサービスを提供することを発表した。これにより、東工取とSMXの市場参加者は、KVHとSingTelが共同運営する東京とシンガポール間の完全冗長型国際ネットワークを活用した両取引所への超低遅延な接続が可能となる。 東工取とSMXは、日本とシンガポール双方のコモディティ市場の流動性を高めるため、市場拡大に向けて連携を強化している。今回のKVHとSingTelの低遅延ネットワークサービスを利用することで、市場参加者は、最も高水準なスピードかつ高い拡張性で両取引所へのアクセスが可能となり、高性能な取引が実現できるようになった。 世界の金融市場において、シンガポールと東京は海外の市場参加者にとって重要な地位を占めている。KVHは、国際的に高まる取引市場の低遅延ニーズに対応するため、本年4月よりグローバル・イーサネット網をSingTelとの協業によりシンガポールに拡張。また、KVHの東京データセンターは、2008年より東工取からアクセスポイントおよびプロキシミティ・ホスティング・データセンターとして推奨されており、今回の東京とシンガポール間の国際ネットワークの構築により、新たに海外からの取引参加の増加を見込んでいる。 東工取の代表執行役社長 江崎 格氏は、「アジアの中核的なデリバティブ取引所として、当社は海外の機関投資家による当社市場への参入を促進すべく様々な取組みを図っています。これらの取組みを通して、市場参加者に、より多様な市場で広範囲かつ多彩な商品へのアクセスを可能とし、裁定取引の機会促進および市場の流動性向上を目指しています。当社が、アジアや他のグローバル金融、商品市場において強固な地盤を確立していくため、今後ともKVHに引き続きサポートいただけることを期待しています」と述べている。 SMXのCEO トーマス・マクマン氏は、「SMXは、アジアのデリバティブ市場の調和に向けて東工取との提携を重要な機会として捉えています。アジア市場における一貫性のある国際的価格指標の形成に向けて、取引所間の連携により、地域を包括的に網羅する商品レンジおよび技術の採用を進めることが重要です。今回、日本とシンガポール間の接続にKVHとSingTelのネットワークを採用することは、両社の取り組みを具体化する一歩となります」と述べた。 KVH代表取締役社長 兼 CEOの鈴木 みゆき氏は、「このたび、東工取とSMXにKVHとSingTelの超低遅延ネットワークサービスを提供いただけることを大変喜ばしく思います。KVHは、グローバル高頻度取引環境を提供できる国内有数のサービス・プロバイダーとして、1箇所から複数の取引所、証券会社、マーケットデータベンダーなどの取引関係者を超低遅延で接続するホスティング環境を実現しています。今後も、急速に高まる低遅延取引ニーズに対し、シンガポール、香港をはじめアジアの主要金融都市へサービス提供体制を拡充して参ります」と述べている。 SingTelのビジネス・マーケティング担当バイスプレジデントのリー・カイ・ホックは、「アジアの金融商品取引市場において、高速ネットワークサービスに対する需要はますます高くなっています。SingTelのプロキシミティ・ホスティングおよび超低遅延接続サービスは、この急速に増加する需要に対応し、お客様の高速取引における能力を拡大します。今後も、ICT技術の革新的な活用により、取引市場の成長を促し、グローバル金融都市としてシンガポールの地位向上を目指して参ります」と述べた。KVH株式会社http://www.kvh.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.