アドコード、「adCode web」の成果報酬型情報掲載サービスを機能拡充

 株式会社アドコード(本社:東京都港区、代表:古川大輔)は1日、同社運営の広告媒体/販売促進情報サイト「adCode web(アドコードウェブ)」上で提供していた成果報酬型の情報掲載サービスを強化。新規サービスの「アドコード・リード・ジェネレーション(以下アドコード・リード)」として提供を開始した。 「adCode web」は、企業広告や宣伝に携わる担当者をターゲットとした広告媒体/販売促進情報サイト。一般会員の登録は無料。Webオンライン情報だけでなく、オフライン媒体のリアル広告や販売促進サービスなどを取り扱っており、総合広告会社や各種制作会社などの企業情報、広告媒体や販売促進用のマーケティングサービスなどを独自検索できるのが特徴。一般会員は情報掲載企業の一括資料請求/匿名問い合わせが可能。ダウンロード資料のファイル形式はPDF/PowerPoint。 アドコード・リードは、見込客が送客された場合のみ費用が発生する成果報酬型(コーディネート課金)の情報掲載サービス。情報掲載料は無料。これまでの企業・商品情報を掲載するだけのサービスを拡充し、新たに情報掲載企業専用の管理画面を設けた。専用の画面から問い合わせ・資料請求に関する対象者の承認/否認作業をおこない、同業他社からの問い合わせや、相手先と連絡が取れない場合などはコーディネート課金対象外となる。また、各種メディアに向けたメール配信機能も搭載している。 契約プランは資料請求をしたい会員向け特典の有無によって分かれる。特典内容についてはとくに制限なし。特典ありの「プラン 3000」は、1請求あたり3,150円。特典なしの「プラン 5000」は、1請求あたり5,250円。オプションの「PR サービス」は20万円から、「メールサービス」は配信数によって大きく異なるため別途見積もりとなる。アドコード・リード・ジェネレーション http://www.adcode.co.jp/partner.htmladCode web/株式会社アドコード http://www.adcode.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.