マインドトップ、「こま犬くん Professional Edition2.0」販売開始

 株式会社マインドトップ(本社:東京都千代田区、代表:荒牧晴彦)はセキュリティ機能の向上を図るユーティリティソフト「こま犬くん」のバージョンアップを実施。9月1日より、「こま犬くん Professional Edition2.0」の販売を開始した。 こま犬くんは同社が2008年2月より正式提供しているシステム。既存のWebシステムを改修せずにサイト上の重要なボタンに指紋認証およびIDパスワード認証を設定できるほか、管理者は管理ツールGUIにより認証サーバに対して「関所」の設定/解除を行う。設定内容は指紋認証、IDパスワード認証、アクセス制御、通行監視(ログ)。関所に設定したボタンそのものを使用禁止にすることもでき、情報漏洩抑止(ログ収集)、職務分掌強化、ID統合管理などの機能も提供している。 従来版(Professional Edition)と今回のProfessional Edition2.0との最も大きな差違は対象をWebアプリケーションのみならずWindowsアプリケーションにも拡充し、独自のアプリケーションと OSの間に割り込む技術を応用して個人認証/アクセスコントロール/ログ機能を備えた点。これにより市販のWindowsパッケージにも対応可能となった。プログラミングなどシステムの改変の必要なくポータルサイトやWindows/Webアプリケーションへの接続時における認証機能を迅速に導入。ログをチェックすることで「誰が、いつ、どこから、どこへ」という動作を管理できるようにもなる。 利用料金は初年度ライセンス費用が1ユーザーあたり8,000円から1万6,000円(年間)、次年度からは1ユーザーライセンスの30%。その他、対象システムによって異なる設定費用(別途見積り)、センサー6,000円から2万円などが利用形態によって必要。システム操作者が300名、10ヶ所設定の場合で年間約400万円から450万円程度が目安になる。またシステム改変の必要がないため、導入も5-6日程度で可能だ。 なお従来版ユーザーのProfessional Edition2.0の利用については有償にてバージョンアップを行う。 今後はプライバシーマーク取得企業等への展開を視野に入れSaaS化も進める予定を立てているが、当面は2009年3月31日までに上場企業を中心に50社への導入を目指すとした。こま犬くん(ProfessionalEdition) http://www.mindtop.co.jp/products/komainu-kun/index株式会社マインドトップ http://www.mindtop.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.