情報基盤開発、アンケート集計システムの機材を貸出「AltPaper Ondemand」

 株式会社情報基盤開発(本社:東京都文京区、代表:鎌田長明)は12日、アンケート自動集計サービス「AltPaper(アルトペーパー)」のシステム機材を会場(顧客側)に貸し出す「AltPaper Ondemand(アルトペーパーオンデマンド)」サービスを開始した。これまで、ASP提供を軸にしてきたが、同サービスではMicrosoft Wordで作成した帳票やアンケートをイベント会場などオフラインの環境下で自動集計できる。 これまで提供してきたASPサービスでは、用紙作成からスキャナでの画像取得までを顧客側でおこない、取得した画像データを情報基盤開発のサーバで処理。その後、集計データなどを顧客が取得する仕組みだったが、今回の「AltPaper Ondemand(アルトペーパーオンデマンド)」では、集計システムが組み込まれたPCとスキャナーなど集計に必要なシステム一式をセットにして、顧客側に貸し出す仕組み。オフライン環境で完結できるため、ネット環境も問わない。 「既存(ASP)の集計システムは、各拠点から同時集計が必要なため、大規模なサーバシステムを構築しており、今回集計システムを一つのPCに収めるダウンサイジングに少々時間が掛かってしまった。イベント会場での利用を想定し、その場で集計したデータをパワーポイントのスライド化する機能なども搭載した」(同氏)。貸出機材では、1分間に約20-30枚の集計が可能。 利用料金は、3日間21万円、5日間23万円、7日間26万円(すべて税抜)。既に10社程度導入の見込みがあり、今後はイベント会社を中心に展示会、株主総会、結婚式、劇場、野球場、コンサート会場など、人が集まる場所での利用を促進。同製品にて年内売上げ300万円(15社利用)、2009年12月期で1,000万円(50社利用)を見込んでいる。AltPaper http://www.altpaper.net/株式会社情報基盤開発 http://www.iidev.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.