アクセスしたユーザーの企業名が解る!サイト分析ツール「チーター」、 6つの画期的な分析ツールを開発中!まもなく公開

 研究開発型インターネットコンサルティング会社、株式会社ペンシル(代表取締役社長:覚田 義明、以下 ペンシル)は現在、サイト分析ツール「チーター」の最新機能として、サイト訪問者のアクセス元を分析する「企業名分析ツール」「業種分析ツール」「都道府県分析ツール」など、新たに6つのアクセス者・分析ツールを自社開発しており、「チーター」の更なる機能強化を図っている。 アクセス者分析ツールの機能の特徴は、サイトを訪れて資料請求や申込みを行ったユーザーの情報はサイト運営者にとって必要不可欠だが、サイトを訪れただけのユーザーの地域情報や企業名などは一切解らないのが通常の解析ツールだ。 しかし、今回の「チーター」新機能の追加により、アクセス者の情報を元にした正確な地域情報や企業情報の取得、アクセス者分析ができる更に画期的なツールとなっている。 ユーザーの所在地(都道府県・市区町村)の他、企業ユーザーの場合は、企業名、業種、売上げ高、電話番号など、そのまま営業リストになる情報を取得できるため、特にBtoBサービスを扱うサイトでは有効なツールとなっている。 同様のツールは他にも存在しますが、その驚異的な識別率で、他社のツールを大きく先行しているとのこと。また今までよりも地域識別率が大きく進化。この画期的な「データ精度の強み」が「チーター」の強みとなっているようだ。戦略的WEB解析ツール「チーター」http://www.pencil-cheetah.jp/株式会社ペンシルhttp://www.pencil.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.