ICD、漫画イラストのフキダシに任意のセリフを反映できる漫画生成サービス

 株式会社インタラクティブ・コミュニケーション・デザイン(以下ICD、本社:東京都港区、代表:曽我英治)は17日より、無料の携帯向け漫画サイト「はるこ」において、フキダシに任意のセリフを反映できる漫画生成サービス「オートチュク〜る」β版の提供を開始した。 ICD自社開発のメッセージ型Flash漫画生成システム(β版)を活用し、はるこにて連載中の漫画イラストのフキダシに、ユーザー側で任意のセリフを反映。オリジナルの漫画を生成できる。すべてのフキダシに任意のセリフを入れるモードのほか、キーワードを一言入力することで、自動的に漫画を生成するモードも用意。漫画の生成と同時にURLが発行されるため、友人らにメールで送付したり、生成した漫画を携帯本体に保存し待受けFlash等として活用できる。会員登録をしなくても無料で利用可能。 ビジネスモデルとしてはASP型によるシステム提供を視野に入れており、既に広告代理店や携帯メディア等からの引き合いがあるという。また、ユーザー同士がメールでやりとりするという仕組みを背景に広告挿入等も検討中。 なお、はるこは漫画家を目指すユーザーと、漫画を読むのが好きなユーザーをつなぐユーザー参加型の携帯向け漫画配信サイト。ICDが2008年5月15日より提供している。登録なしでも一部閲覧可能だが、会員になることで全ての作品の閲覧、四コマを中心とする作品投稿が可能になる。こちらも利用は無料。オートチュク〜る(紹介ページ) http://www.icd.co.jp/manga/haute.htmlはるこ(紹介ページ) http://www.icd.co.jp/manga/index.htmlはるこ(携帯サイト) http://haruko.tv株式会社インタラクティブ・コミュニケーション・デザイン http://www.icd.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.