ダイヤモンドソサエティ、“バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツ”と提携

 株式会社ダイヤモンドソサエティ(本社:大阪市中央区、代表取締役:宗澤 政宏、以下 ダイヤモンドソサエティ)は、2012年4月1日から、アジア最高峰の評価を受けるグループホテル “バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツ”と1年間の業務提携を締結すると発表。 ダイヤモンドソサエティは、会員制リゾートを営み、「ホテル事業」「ゴルフ事業」「愛犬リゾート事業」「リラクゼーション事業」「婚礼事業」と、次世代型のリゾートスタイルを積極的に展開している企業だ。  バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツは、アジア最高峰の評価を受けるグループホテルとして、心身の調和の空間“五感の聖域”(Sanctuary for the Senses)をご提供することを信条に、世界中に30にもおよぶリゾートホテル、60以上のスパ、70以上のギャラリーと2つのゴルフ場を運営。2012年4月に開催された世界旅行ツーリズム協議会主催「グローバル・ツーリズム・ビジネス・アワード2012」をはじめ、これまでにも数多くの名誉ある賞に輝いている。 今回の業務提携によって、ダイヤモンドソサエティ会員制リゾート会員権保有者にとっては、国外施設を利用できる会員特典が大きくなるという。 ダイヤモンドソサエティ会員特典として利用できるホテルは、バンヤンツリー・プーケット(タイ)、バンヤンツリー・バンコク(タイ)、バンヤンツリー・ウンガサン(インドネシア、バリ)、バンヤンツリー・マカオ(中国)、バンヤンツリー・杭州(中国)の5つのホテルが提携先となり、ダイヤモンドソサエティ会員権保有者にとって、国内外併せてホテルの利用が可能となる。 今回、ダイヤモンドソサエティは提携企画としてバンヤンツリー・杭州に泊まる記念ツアーを催行。ツアー先となるバンヤンツリー・杭州は、中国浙江省の自然豊かな杭州西渓国家湿地公園に位置し、豊かな緑と静かな水に囲まれた、神秘的な自然のパワーを全身で感じることができる場所。隠れ家的空間で、ゆったりと流れるときを体験することができる至福のリゾートとなっている。株式会社ダイヤモンドソサエティhttp://www.diamond-s.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.