ブランドダイアログ、PCの遊休能力と引き換えにグループウェア無償提供

 ブランドダイアログ株式会社(本社:東京都中央区、代表:稲葉雄一)は22日、11月中旬を目処にα版提供を開始する無料のオンライングループウェア「GRIDY(グリッディ)」について、テスト導入先の限定募集(100社)を開始した。「GRIDY」を利用するユーザーには、PCの遊休能力(PCやサーバを利用していない時間帯における、利用していないCPU/HDD能力)と引き換えに、全ての機能を無料で提供。2009年2月には、実質正式提供となるβ版の提供(無料)を予定している。 「GRIDY」は、ISO27001(ISMS)を考慮したアクセス制御機能や、データ通信暗号化など、独自のグリッド技術を活用した強固なセキュリティ環境が特長のオンライングループウェア。機能面では、タイムカード/電話メモ/アドレス帳/スケジュール(個人・社内)や、既存のメールアカウントをそのまま利用できるWebメールなどを用意。社内での情報共有・管理のほか、社外取引先との情報共有を実現する「プロジェクト」機能を備える。 ブランドダイアログでは、外部PCやサーバのCPU/HDD遊休能力をネットワーク化し、大規模な仮想スーパーコンピュータを構築する同社独自の技術「プロモーショナルグリッド」(特許出願中)を開発し、収益化に向けた事業を展開している。 利用ユーザーが使用するPCの遊休能力と引き換えにオンライングループウェア「GRIDY」を提供することで、継続的に多くのPCのCPU/HDD遊休資源(遊休能力)の提供を受ける仕組みを構築する。同社では併せて、大量のPCを所有しCPU/HDD遊休資源の提供を持つインターネットカフェなどとの交渉も進めており、今後1年間は、GRIDYの他様々な形で、より多くのCPU/HDD遊休能力獲得に注力していく方針。 2009年10月を目処に、確保したCPU/HDD遊休能力を、膨大なCPU負荷などが発生するレンダリングや動画配信サービス、インタラクティブなメディア事業を手がける企業など対して提供するビジネス(収益化)に取り掛かる計画だ。GRIDY http://gridy.jpブランドダイアログ株式会社 http://branddialog.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.