知的財産と技術情報を融合した初のポータルサイト「知財と技術の部屋」公開

 富士通グループの株式会社ジー・サーチ(本社:東京都港区、代表取締役社長:木ノ内 芳則 、以下 同社)は、中小企業ならびに大学研究機関等の一般技術者・研究者向けに、知的財産と技術情報を融合した業界初のポータルサイト「知財と技術の部屋」を2012年5月7日(月)からインターネット上で公開。 同サービスは、ソーシャルメディア(Twitter)から抽出した最新のニュース、専門家による興味深いコラム、誰もが簡単に検索でき、かつ業界初の1日課金メニューを用意した新特許検索サービスのサービス案内を掲載するというもの。アイデアのヒントを得たい、アイデアを特許として権利化したい、ライバル企業の動向を把握したいと考える技術者・研究者をサポートする。 知的財産の重要性が繰り返し強調される中、中小企業も大企業並みのグローバル化の波にさらされ、知的財産に対する権利化意識が一層高まっています。きらりと光る技術を持ち、技術革新への意欲も旺盛な中小企業ならびに大学研究機関等の技術者・研究者は、知的財産に関する知識、最新の技術情報を貪欲に求めているという。 同サービスでは最新の知的財産・技術に関するニュース、特許制度ならびに特許検索について分かり易く解説した連載形式のコラムを継続して掲載し、技術者・研究者は知的財産に関する知識、意識を高めることができるものとなっている。 併せて提供を開始するSaaS型新特許検索サービス「ATMS/PATENTAN」 ※1は業界初の1日500円課金メニューを用意し、誰もが手軽に似ている特許を抽出できる「かんたん検索」機能、特許のポイントを分かり易く表示する「読解支援」機能を提供。技術者・研究者はアイデア創出のヒントを得ることや、重複する研究開発を防ぐことがより簡単で効率的に行えるようになるとしている。※1 ATMS/PATENTAN(アトムス パテンタン) 富士通株式会社が開発、提供する「知的財産ソリューション製品 ATMS(アトムス)」シリーズの製品でSaaS型の特許検索サービス。 同社は2012年5月7日(月)より「ATMS/PATENTAN」の提供を開始。一般の技術者・研究者向けの「かんたん検索」機能は無料、高度な検索機能についても業界初の「1日課金」メニュー(24時間500円で使い放題)で提供。さらに「月額課金」(月額固定10,000円)を利用することにより、注目分野の最新特許情報ならびに注目特許の審査経過情報を定期的に入手することが可能。2012年度中に10数か国の海外特許も収録予定。 なお、サービス開始キャンペーンとして5月は無料で提供される。知財と技術の部屋http://office.chizaibu.com/portal/株式会社ジー・サーチhttp://www.g-search.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.