高齢者世帯や一人暮らしの高齢者見守りシステム「おげんき通信」を発売開始

高齢者世帯や一人暮らしの高齢者見守りシステム「おげんき通信」を発売開始

 日本インフォメーション株式会社(所在地:名古屋市千種区、代表取締役社長:加藤 和親)は、高齢者世帯や一人暮らしの高齢者を見守るシステム「おげんき通信」の発売を2012年5月7日に開始した。 「おげんき通信」は、高齢者世帯や子供と離れて一人暮らしをしている高齢者を地域で見守る手助けを行うシステム。高齢者宅に見守り端末を設置し、見守りセンターから1日1回日替わりメッセージを配信されるものとなっている。 端末に表示されるメッセージに簡単なボタン操作で回答することで、高齢者自ら毎日の健康状態を発信(『いわておげんきみまもりシステム』方式 ※1)。見守りセンターでは24時間以内に回答がない場合や、『元気です』以外の回答の場合は担当者に知らせするものとなっている。 「おげんき通信」は地域で見守る支援システムの中核として、様々なシステム・サービスとの連携を想定しているとのこと。導入される地域のサービスや見守り体制によって、以下のようなシステムと柔軟に情報を連携されるという。(カスタマイズ対応)1.医療支援システムと連携2.見守りシステムと連携3.介護支援システムと連携4.生活支援システムと連携 これらのような様々なシステムとの情報連携によって多面的な見守りが可能となり、見守られる側にも、見守る側にも負担が少ない見守りを実現するとのことだ。※1 『いわておげんきみまもりシステム』とは 高齢者が自分で1日1回お元気情報を発信するタイプの安否確認システム。<第二回スマートフォン&モバイルEXPO>主催 : リード エグジビション ジャパン株式会社日付 : 2012年5月9日~11日場所 : 東京ビックサイト(東 34-19)URL : http://www.smart-japan.jp/日本インフォメーション株式会社http://www.nicnet.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.