サイバーズ、画像検出機能等を強化し「MITERU」をバージョンアップ

 サイバーズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表:中林寿文)は24日、コミュニティサイトの自動監視ASP「MITERU」をバージョンアップ。「MITERU2.0」の提供を開始した。 MITERUは同社が2008年7月より提供している、ブログや掲示板といったユーザー参加型サービスの投稿記事を自動監視し、要注意情報を抽出するサービス。サイバーズが自らコミュニティサイトを運営する中で培い導入してきたコミュニティ監視システムをいちサービスとして提供しているもので、有害/違法情報に関する直接的な表現に加え文脈によって差別的な表現になるようなものも監視対象とし、かつ記事感の関連性にも着目。統合的に評価し危険度を4段階で表示する。これによりコミュニティ運営者は、いわゆる「炎上」につながるコメントや悪質な投稿の早期発見/対応が可能になる。またMITERU 導入企業に対してはその証明として「MITERUシール」を提供するほか、MITERUサイトに設けた「MITERU安心サイト一覧」にてリンク付き掲載も行う。 今回のバージョンアップでは検出原因を18種類の危険分類で表示する機能や関連記事の一括表示、動画・音声記事検出機能を搭載したほか、フィッシングサイト・スパムリンク検出の強化を実施。中でも肌色検出など画像分析機能の強化を行い、これとテキストの分析機能によって有害画像の検出精度を向上したのが特徴だ。また動画の検出にも対応したほか、Twitter互換APIもサポートしRSS配信に対応したBlog/SNS/CMSサーバにて即時導入できるようになった。 なおMITERUの導入費用は分析データ保存件数:最大10万件/保存期間:最大90日間で月額10万円からだが、今回のバージョンアップに伴う料金のアップ等はない。また従来ユーザーは自動的にバージョンアップしたシステムが利用可能。MITERU http://miteru.jp/サイバーズ株式会社 http://www.cyberz.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.