Jetrunテクノロジ、コンピュータウイングと提携し学校向け「JScape」を販売

 Jetrunテクノロジ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:野武浩)は26日、株式会社コンピュータウイング(本社:大阪府大阪市、代表:佐野幸男)と業務提携をおこない、教育機関向けにカスタマイズしたフィルタリングブラウザ「JScape for Filter」の販売を開始した。 JScape for Filter は、PCにインストールするだけでブラウザに表示されたサイトの解析/アクセス制限が可能なフィルタリングブラウザ。管理者が独自にホワイトリストやブラックリスト、特定制限リスト(閲覧は可だが、書き込みは不可)のほか、新しく発生する隠語などのワードも独自に設定できるのが特徴。アダルトや誹謗中傷など危険なワードを含む学校教育に無関係なサイトに近づけないようにしている。 料金は数万円から。導入先に関してはコンピュータウイングの教育支援ソリューション「Wingnet」(国内 1,200校に導入)の販売網を活用し、初年度に50校、8,800万円の売上を見込む。Jetrunテクノロジ株式会社 http://www.jetrun.co.jp株式会社コンピュータウイング http://www.cwg.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.