リアルタイム マルチチャネル キャンペーンを実現するピツニーボウズ・ソフトウェア社「Portrait Interaction Optimizer」日本語版の販売を開始

 株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:黒田 哲夫 以下、理経)は、企業の顧客情報を最大限に活用する次世代型キャンペーンソリューションを世界的に提供している、ピツニーボウズ・ソフトウェア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:堀 康二)のマルチチャネル キャンペーン構築ソフトウェア「Portrait Interaction Optimizer(ポートレイト インタラクション オプティマイザー)」日本語版の販売・取り扱いを開始したことを発表した。 同ソリューションは、各種の会員向けWEBサイトやコールセンターなどの、お客とのすべてのコミュニケーションチャネルを総合的に管理し、お客にとって最適なチャネルを利用して案内することができるもの。また、お客のプロファイル情報、購買履歴、問い合わせ履歴など、企業の持つ様々な顧客情報を最大限に活用し、リアルタイムに提案することが可能となる。これにより、クロスセル ※1やアップセル ※2といった直接的な売上アップを実現する他、顧客満足度を向上することで、継続的な取り引き、利益につなげていけることとなる。 マーケティング担当者自身が容易にキャンペーンを構築でき、成果をリアルタイムに確認しながらキャンペーンのプロセスと結果を徹底分析できるため、個々のキャンペーンの精度を上げることが可能。また、WEBサービスで通信するため、既存の顧客管理システムとの接続に伴うシステム改修は不要となっている。このため、導入までの期間およびコストを抑えることが可能としている。 理経は、これまでEC構築アプリケーションなどの導入で培った技術を基に、販売およびソリューションパートナーとしてPortraitソリューションの販売を行うとのこと。「Portrait Interaction Optimizer」の英語版では、証券会社大手のメリルリンチ社をはじめ、金融業界や通信業界、リテール業界で数多くの導入実績があり、顧客獲得や維持に大きな成果を上げている。 今回販売を開始する「Portrait Interaction Optimizer」は、Portrait製品群において、インバウンド ※3キャンペーン管理を行うソリューションとして位置づけられており、今後アウトバウンド ※4ソリューションや、自動顧客分析ソリューションなどの日本語対応版を順次販売していく予定としている。※1 クロスセル  :ある商品を購入しようとしている顧客に対して、関連する商品や、組み合わせて使えるような商品を勧め、同時に複数の商品購入につなげることを狙う販売手法。※2 アップセル  :商品(サービス)を購入した客に、同種のさらに高級な商品を販売すること。※3 インバウンド :顧客から企業に、照会・要望・問い合わせなどがあること。※4 アウトバウンド:企業が顧客に向かって、ダイレクトセールスなどを行うこと。株式会社理経http://www.rikei.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.