つり革広告媒体「ストラッぴ!(仮称)」にBUG製FeliCaリーダーを採用

つり革広告媒体「ストラッぴ!(仮称)」にBUG製FeliCaリーダーを採用

 株式会社ビー・ユー・ジー(本社:札幌市、代表取締役社長:川島 昭彦、以下 BUG)は、株式会社春光社(本社:東京都中央区、社長:望月 敏弘)が企画制作したつり革広告媒体「ストラッぴ!(仮称)」(以下 「ストラッぴ!」)にBUG製FeliCaリーダーが採用されたことを発表。 「ストラッぴ!」にはBUGが開発し、将来NFCにも対応できる、おサイフケータイ対応非接触ICリーダーが内蔵されている。そのため、つり革部におサイフケータイをかざすだけでウェブサイトのURLを取得でき、QRコードの撮影やURL入力等の煩わしさをなくしたスムーズなサイト誘導を可能とする。 内蔵されているBUG製リーダーは省電力動作が可能で、1日100タッチで約120日間動作。また、BUGが提供するリダイレクトサービスを利用しており、タッチされたつり革(内蔵リーダーのID)、アクセスされた時刻等のアクセスログがサーバに保存される。ログを解析することで交通広告の課題である広告効果の可視化を実現することができるとのことだ。 なお「ストラッぴ!」は、5月21日から6月3日の間、東京メトロUライナーフレックス(広告貸切電車)車内に設置され、株式会社エイチ・アイ・エスの「スーパーバザール」の告知に利用される。※「FeliCa」はソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式であり、 ソニー株式会社の登録商標です。※「おサイフケータイ」は株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。※記載の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。※記載の仕様については、予告なく変更する場合があります。株式会社ビー・ユー・ジーhttp://www.bug.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.