ハンドジェスチャー認識技術を開発

ハンドジェスチャー認識技術を開発

 オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田 義仁)は、カメラで撮影された映像から手または指の位置、形状、動きを同時に認識する「ハンドジェスチャー認識技術」を開発したと発表。 ジェスチャー認識技術と同社が得意とする顔画像センシング技術を組み合せることにより、顔の位置や向きなどの状態と手の形や位置関係からジェスチャー認識を開始できるもの。このため、ジェスチャー認識の認識開始にあたって通常は必要となる手振りなどの動作が不要となり、より自然に人の意図を理解した認識が可能となった。 なお同技術の一部は、6月6日(水)から6月8日(金)までパシフィコ横浜で開催される「画像センシングシンポジウム(SSII2012)」で発表される。■ハンドジェスチャー認識技術の紹介ホームページ【日本語】http://www.omron.co.jp/ecb/products/mobile【英語】http://www.omron.com/ecb/products/mobileオムロン株式会社http://www.omron.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.