東京23区最大級の戸建分譲地「パレットコート六町 東京ココロシティ」にて居住者専用コミュニティサイト「Collabo」のサービス提供開始

 株式会社ディグアウト(本社:東京都中央区、代表取締役:服部 慶)は、中央グリーン開発株式会社(ポラスグループ)が分譲開発する東京23区最大級の戸建分譲地「パレットコート六町 東京ココロシティ」に、居住者専用コミュニティサイト「Collabo(コラボ)」を提供すると発表。全206邸の戸建入居者は、同サイトを通じて入居者同士で情報交換・情報共有することで、コミュニティ形成が行えるもの。 新築一戸建て・分譲住宅の販売、企画、設計を手掛けるポラスグループの中央グリーン開発株式会社(埼玉県越谷市)が開発した東京23区最大級の戸建分譲地。つくばエクスプレス「六町」駅近くの約3万2,000平方メートルの敷地に建設する全206邸の大規模戸建分譲プロジェクトで、2012年5月中旬より販売を開始した。 これにより、細やかな緑地計画や豊かなコミュニティ・つながりをコンセプトにした街づくりを行っていくとのこと。また、今年3月に足立区より防犯配慮の街づくりが評価され、東京23区では初となる「足立区防犯設計タウン」の第1号に認定されている。マンション内情報共有システム「Collabo(コラボ)」http://www.m-collabo.com/株式会社ディグアウトhttp://www.digout.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.