「ほぼ気絶の 寝落ちサービス」  京都・東京・大阪の全店にて2月1日より開始

「ほぼ気絶の 寝落ちサービス」 
京都・東京・大阪の全店にて2月1日より開始

このたび技術研究過程にてドーパミンなど快楽ホルモンが生成される脳幹に、体で唯一繋がる頭部筋膜層への独自のアプローチ法を開発。これにより通常の安堵型の眠りとは異なり、快感(幸福感)が頂点に達し眠りに落ちる「絶頂睡眠」を自在に作ることに成功しました。今月初旬より先行実施していた表参道店・心斎橋店にて、高い評価を得たことで2月1日より、京都本店を加えた全店で開始します。
■「絶頂睡眠」完成までの経緯
当店は、年間3万人以上の頭をほぐし眠って頂く過程で、同じ眠る行為にも施術法により眠り落ち方に、差があることに着目。お客様アンケートより眠り落ち方と爽快感など効果を検証した結果、快楽型寝落ちほど施術後の効果を感じて頂けることがわかり快感の深化に着手。約1年を経て気絶するほどの快感に近似する、寝落ちは完成しました。
人間の3大欲求とされる「食欲・性欲・睡眠欲」において、これまで睡眠だけは快感としての最高潮がなく、このたびご提供する『絶頂睡眠』は睡眠欲史上で最高の快感になるものと確信しております。
■寝落ちの絶頂体験が人気
この施術は眠くない人でも、男性で約8分、女性で約10分で快感が絶頂に達し「寝落ち」させることができます。絶頂睡眠は、幸福感いっぱいの寝顔も特徴的です。
先行実施店のお客様アンケートでは、絶頂の寝落ち時に何かを見たという人が約半数。「天国が見えた」「光の世界だった」「祖母にオンブされていた」「絵の具で遊んでた」など、男性は幼児期、女性は神秘的な世界の回答が多い傾向もあります。先行実施以降、絶頂睡眠は、寝落ちと共に溢れる快感で幸福夢をみるシアターとしても評価頂いています。
●頭のほぐしへの注目
頭の揉みほぐしの専門家「ヘッドマイスター」は、本来、不眠や脳疲労の改善などを目的に安全な手技や頭の構造理論など習得経験を積んでいます。
その施術は眠った状態に効果が高いことから、眠らせる技術も追及。
施術後、頭が冴えわたるという声や、女性に多い不眠の方、医師など医療従事者の推薦やクチコミもあり、代表のFacebookはマッサージやエステ・ヘッドスパなど全分野で、全国1位の約10万人のファンにのぼり、とくに表参道店は、全国の予約管理をするリクルート社より「日本一予約が取りにくい」と称されるなど、頭ほぐしの快感は、いま大きな注目を集めています。
ご取材頂ければ、気絶に近似する快感の「寝落ち」を差し上げることも可能です。
●「悟空のきもち」の主な特長
■店舗営業は、12時~夜 21時30分まで
■料金は2,000円~ ございます。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.