厚生労働省委託事業、父親向けハンドブック「父親のワーク・ライフ・バランス ~応援します!仕事と子育て両立パパ~」のダウンロード、ならびに配布申込受付開始のお知らせ(無料)

 株式会社産業社会研究センター(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 章)は、厚生労働省委託『男性の仕事と育児の両立意識啓発事業』の一環で、父親向けハンドブック「父親のワーク・ライフ・バランス ~応援します!仕事と子育て両立パパ~」を作成したと発表した。 このハンドブックは、2月3日(火)よりウェブサイト「父親のWLB(ワーク・ライフ・バランス)応援サイト」よりダウンロードを開始するとともに、希望者への配布申込を受付するとのこと(無料)。 ハンドブックの狙いについて、同社は次のように語る「これから父親になる、または子育て期にある男性が仕事と家庭が両立できる働き方を設計・実践するツールとなることをねらいとしています。」 ハンドブックの内容は、妊娠・出産・子育て期において父親が子育てに関わることの重要性や、具体的に父親が子育てにどう関わるか、職場や仕事との調整をどうするかという着眼点や事例などが盛り込まれている。 このハンドブックを読んで、ワーク・ライフ・バランスについて夫婦で話し合うきっかけになればと同社は語っており、今後人口の増加には男性の子育てにもかかっているのかもしれない。父親のWLB(ワーク・ライフ・バランス)応援サイトhttp://www.papa-wlb.com/株式会社産業社会研究センターhttp://www.c-ser.com/厚生労働相http://www.mhlw.go.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.