大和総研ビジネス・イノベーションがシンクライアントのセンターサービス事業化(DaaS)においてソリトンシステムズの認証ソリューション採用を決定

 株式会社大和総研ビジネス・イノベーション(略称:DIR-BI、本社:東京都中央区、代表取締役社長:太田 浩司)は、シンクライアントのセンターサービス事業化にあたり、株式会社ソリトンシステムズ(略称:ソリトン、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鎌田 信夫)が2008年秋に発表したICカードによるPCセキュリティシステム『SmartOn ID TSオプションV1.0』を採用することを発表した。 DIR-BIは、2009年春を目処に自社センター内の『DIR-BI シンクライアントセンター(仮称)」』を使い、スタンダードセキュリティソリューションとして『SmartOn ID TSオプションV1.0』を採用したシンクライアントサービス『DIR-BI シンクライアントセンター(仮称)」』の提供開始を計画しているとのこと。 DIR-BIとソリトンは、『DIR-BI シンクライアントセンター(仮称)」』にて提供するデスクトップ仮想化サービスにおいて技術提携し、利用者への提案や導入支援を共同にて実施していくとしている。株式会社大和総研ビジネス・イノベーションhttp://www.dir.co.jp/bi/株式会社ソリトンシステムズhttp://www.soliton.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.