老犬介護情報サービス「老犬ケア」の提供を開始

リブモ株式会社(東京都大田区 代表取締役 森野 竜馬)は、本日より老犬介護のための情報提供サービス「老犬ケア」 (https://www.rouken-care.jp/)の提供を開始いたしました。
プレスリリースサイトhttps://www.livmo.co.jp/pressrelease/20150313.pdf
■サービス開始の背景
ドッグフードの改善、動物医療の高度化により、2010年から2013年の間で犬の平均寿命は0.32歳伸び、長寿化が顕著になっています。
また、飼育されている愛犬のうち、一般にシニア犬と呼ばれる7歳以上の犬が45.8%、また、25.1%は10歳以上が占めるなど、愛犬の高齢化が進んできています。
(出典:平成25・21年 犬猫飼育率全国調査 一般社団法人ペットフード協会)
一方の飼い主も、ペットの飼育率が高い世帯は50代と、比較的高い年齢層となっています。
(出典:平成22年 動物愛護に関する世論調査 内閣府大臣官房政府広報室)
このため、老人世帯が老犬の世話・介護を行う、老・老・老介護が増えつつあります。
このような状況を受け、リブモ株式会社では、飼い主の愛犬介護を支援するサービスが必要と考え、老犬介護情報提供サービス「老犬ケア」のサービスを開始することとしました。
■「老犬ケア」サービス概要
電話・インターネットで以下のようなご相談を受け付けるサービスです。(相談無料)
 1. 老犬ホーム(老犬介護施設)のご紹介
 2. 愛犬介護のためのノウハウ情報提供
 3. 愛犬介護のための介護用品情報提供
■「老犬ケア」の特長
1.全国の老犬ホームと提携
  全国の老犬ホームと提携しているので、様々な老犬ホームを比較検討することが可能です。
2.掲載しているすべての老犬ホームを弊社スタッフが直接取材
  弊社スタッフが現地を取材しているので、「老犬ケア」にお問い合わせいただければ、
  写真や文字だけでは分からない部分も知ることができます。
3.老犬ホーム入居に関する相談だけでなく、愛犬の介護方法など、広範囲の相談が可能
  本来、愛犬は飼い主と終生ともに暮らすことが一番の幸せだと考えています。
 「老犬ケア」では老犬ホーム入居相談だけでなく、飼い主自身が愛犬の介護をするための
  サポートもいたします。
4インターネットだけでなく電話でも相談可能
  ご相談は、インターネット経由はもちろん、お電話でも受け付けております。
 「インターネットは苦手」というご高齢の方も簡単にご利用いただけます。
「老犬ケア」では、飼い主の愛犬介護をサポートするため、介護ノウハウ、介護用品の情報を提供しています。
同時に、介護による心身の疲労、近隣とのトラブル等のため、どうしても愛犬の飼育を継続することが困難になった飼い主に対して、全国提携の老犬ホームをご紹介するサービスを提供しています。
【リブモ株式会社について】
リブモ株式会社は愛犬に関する情報を飼い主のみなさまに提供することにより、愛犬と飼い主の幸せな生活をサポートすることを目指しています。
住所:〒143-0023 東京都大田区山王2-36-10 山王ビル202
代表者:代表取締役 森野竜馬
設立:2014年11月5日
Tel:03-6429-7618
Fax:03-6429-7619
URL:https://www.livmo.co.jp/
事業内容:老犬介護情報サービス「老犬ケア」の運営
     老犬ホームのご紹介、愛犬の介護ノウハウ情報のご提供、愛犬の介護用品情報のご提供
【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:リブモ株式会社
担当者名:森野 竜馬
TEL:0364297618
Email:press@livmo.co.jp

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.