「ソーシャルビジネス・社会起業家に関する 若者認知度調査 2014年度版」を実施

起業家型リーダーの輩出と社会イノベーション創出を目指すNPO法人ETIC.(読み:エティック、所在地:東京都渋谷、代表理事:宮城 治男、以下 ETIC.)は、ソーシャルビジネス・社会起業家に関する認知度調査を実施しました。
本調査は、株式会社セレス(所在地:東京都港区、代表取締役社長:都木 聡、以下 セレス)の協力を得て、同社が運営するポイントサイト・モッピーの登録者から抽出した全国の20代・30代の男女1,020名を対象としています。
近年、社会課題をビジネスの手法を用いて解決する「ソーシャルビジネス」や、その担い手である「社会起業家」に注目が集まっています。ETIC.が運営するソーシャルビジネス・NPO・ベンチャーに特化した求人サイト「DRIVE( http://www.etic.or.jp/drive/ )」では、これからソーシャルビジネスの担い手となる20代・30代による認知度や関心・経路について調査を実施しました。以下に調査から得られた主要な示唆をまとめ、報告いたします。
調査レポート詳細: http://www.etic.or.jp/drive/labo/4771
■要約
1. 「ソーシャルビジネス」または「社会起業家」という言葉を聞いたことがある20代・30代は6割を超えている。また、全体の6%は「詳しく知っている」と答えている。
2. 認知者のうち、58%が「ソーシャルビジネス」、「社会起業家」という言葉をテレビ経由で、40%がニュースサイト経由で認知している。
3. 20代・30代の若者の間で最も認知度が高かったのは、「日本ブラインドサッカー協会」の6.6%であった。以下、「大地を守る会」の4.2%、「エイズ孤児支援NGO・PLAS」の3.5%と続く。
■調査概要
調査方法 :インターネットによる調査
調査対象 :全国の20代・30代の男女1,020名
      (セレスが運営するポイントサイト・モッピー登録者から抽出)
対象者構成:男性20代254名、30代250名、女性20代259名、30代257名
調査時期 :2015年1月15日(木)~22日(木)
実施機関 :NPO法人ETIC.( http://www.etic.or.jp/ )
<アンケート実施協力>
株式会社セレス(アルバイト求人サイトモッピージョブを運営)http://mpjob.jp/
■「ソーシャルビジネス」・「社会起業家」の認知度(n=1,020)
問:「ソーシャルビジネス」または「社会起業家」という言葉を知っていますか。
※小数点以下の四捨五入により、割合の合計が100にならない場合があります。
・「ソーシャルビジネス」または「社会起業家」という言葉を聞いたことがある20代・30代は6割を超えている。また、全体の6%は詳しく知っていると答えている。
・2013年の結果は、「詳しく知っている」が7%、「聞いたことがある程度」は57%となっており、2014年はわずかに認知度が低くなっている。
・女性よりも男性の方が「内容まで詳しく知っている」割合が高い。世代間では、男性20代と30代の間で、「内容まで詳しく知っている」「聞いたことがある程度」の合計に9%の差があった。女性では世代間の差はみられなかった。
■「ソーシャルビジネス」・「社会起業家」の認知経路(n=638)
問:「ソーシャルビジネス」、「社会起業家」をどういった経路で知りましたか(複数回答、集計ベースは前問で「内容まで詳しく知っている」または「聞いたことがある程度」を選んだ回答者)。
・20代・30代の若者のうち、約58%が「ソーシャルビジネス」、「社会起業家」という言葉をテレビ経由で、約40%がニュースサイト経由で認知している。
■ソーシャルビジネス認知度ランキング(n=1,020)
問:リストの団体・企業の中で、ご存じのものを全てお答えください(30事業者のリストから複数回答)。
No./事業者/認識率/前年順位
1  日本ブラインドサッカー協会     6.6% 1
2  大地を守る会            4.2% 6
3  エイズ孤児支援NGO・PLAS      3.5% 2
4  ビッグイシュー日本         3.3% 10
5  ココ・ファーム・ワイナリー     2.5% 6
6  NPO法人かものはしプロジェクト   2.3% 4
7  グラミン銀行            1.9% -
8  NPO法人フローレンス        1.7% -
9  株式会社スワン           1.4% 5
10 NPO法人ティーチ・フォー・ジャパン 1.3% -
・20代・30代の若者の間で最も認知度が高かったのは、「日本ブラインドサッカー協会」の6.6%であった。以下、「大地を守る会」の4.2%、「エイズ孤児支援NGO・PLAS」の3.5%と続く。
※本調査に用いた事業者のリストは、経済産業省、日本経済新聞社等による社会起業家特集記事を参考に作成。
■NPO法人ETIC.(エティック)について http://www.etic.or.jp/
1993年、学生起業家の全国ネットワーク組織として活動開始。自ら社会に働きかけ、仕事を生み出していく起業家型リーダーの育成に取り組み、これまで約400名以上の起業家を輩出。96年より中小・ベンチャー企業やNPOでの長期実践型インターンシッププログラムを事業化。2001年には社会起業家育成・支援をスタートし、日本初の社会起業のビジネスプランコンテスト「STYLE」ほか、「社会起業塾イニシアティブ」等のプログラムを手がける。
04年からは、全国の地域における人材育成を支援するチャレンジ・コミュニティ・プロジェクトを開始。現在全国40地域に広がる。11年からは震災復興支援にも注力。コミュニティ再生、産業復興等、東北全域の100プロジェクトにこれまで200名の右腕を送り込む。
団体名称: 特定非営利活動法人エティック
設立  : 1993年
法人化 : 2000年3月
役員  : 代表理事 宮城 治男
スタッフ: 70名(うち専従36名) ※2013年12月現在
所在地 : 〒150-0041 渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル 4階
URL   : http://www.etic.or.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.