【プレスリリース】バヌアツ サイクロン被害 今日にも追加の緊急支援物資を空輸

3月15日、サイクロンの被害を受けたバヌアツ・メレ村。© UNICEF_NYHQ2015-0434_UNICEF Pacific
 
※本信は、ユニセフ本部の発信情報を元に、日本ユニセフ協会が作成・配信しています。
※原文は http://j.mp/1MHitXL でご覧いただけます。
※画像・映像は、http://j.mp/18zS2WM よりダウンロードいただけます。
【2015年3月16日 スヴァ(フィジー)発】
大型サイクロンの被害を受けたバヌアツで、ユニセフは同国内に備蓄している支援物資を
配布する一方、スヴァ(フィジー)のユニセフ物資倉庫から、追加の緊急支援物資の輸送
を開始しました。物資には、保健、教育、子どもの保護、安全な水や衛生支援のための
資材が含まれています。
「今日(3月16日)梱包した追加の物資は、明日バヌアツへ空輸される予定です」と、
ユニセフ太平洋事務所副代表のイサベル・オースティンが話しました。「スヴァの物資
倉庫では、ボランティアたちが夜を徹して物資の梱包を手伝ってくれ、協力企業が輸送機
を無償で提供してくれました。基本的な保健キット、経口補水塩、亜鉛の錠剤、ビタミンA
カプセル、寄生虫駆除薬、学用品や通学バッグ、レクレーションキット、衛生用品、貯水
タンク、手洗い用石けん、折り畳み式の水容器、浄水剤などが送られます」
政府と人道支援団体は、包括的な現地調査を始めており、特に首都ポートビラ以外の地域
や他の島々における追加の支援ニーズが明らかになるでしょう。ユニセフの支援物資は、
子どもたちやその家族が直面している保健、衛生、教育、また心理社会的ニーズに対応
するため、ただちに活用されます。
具体的には、
サイクロンの影響を受けた子どもたちのため、ボランティアが支援物資の学用品が入った通学バッグを準備。© UNICEF_NYHQ2015-0444_Hing
 
・1セットあたり1万人の患者に対応できる基礎保健キットを5セット
・学用品の入った通学バッグを1,508個
・経口補水塩、3万1,300袋
・亜鉛の錠剤、330錠
・寄生虫駆除薬、32錠
・1セットあたり90人の子どもたちが遊べるレクレーションキットを69セット
・水キットを3,000セット
・衛生キットを200セット
・手洗い用の石けんを3,000個
・5,000リットル用の折り畳み式貯水タンクを5基
・1,500リットル用の折り畳み式貯水タンクを5基
バヌアツの国際空港―バウアフィールド国際空港は、明日(3月17日)には民間機の乗り
入れが可能になる予定です。3月16日には、支援物資を乗せた多数の船が、フィジーから
バヌアツに向けて出港しました。ユニセフやWFP(世界食糧計画)、他パートナー団体は、
人道支援物資の管理や配布が確実に、効率よく行われるよう、バヌアツの国家災害管理局
とともに物資調達拠点の設置を進めています。
* * *
被災地状況速報
(3/16時点)
・子どもおよそ6万人を含む、人口の約半数(13万2,000人)が被災
・避難所の数、37~38カ所
・避難者数:
  エファテ・・・2,865人
  ぺナマ・・・216人
  トーバ・・・215人
・家が破壊された数千人が、親類や友人宅に身を寄せている
・避難所として使用されている学校、34校
* * *
現在、東アジア・太平洋諸国地域事務所(バンコク)の緊急支援専門官である日本人職員
が1人、フィジー事務所を拠点に緊急支援のオペレーションにあたっています。
同職員への取材のご希望は、日本ユニセフ協会広報室までお問い合わせください。
・ご参考:ユニセフ東アジア・太平洋地域事務所ブログhttp://unicefeapro.blogspot.jp/2015/03/super-cyclone-pam-rebuilding-process.html
「被災地域が広範囲に点在し、通信も絶たれているため、非常に困難な中で支援活動を
進めています」(ユニセフ日本人職員)
* * *
ユニセフは、バヌアツの被災地への支援のため緊急に必要な資金として、300万米ドルの
支援を国際社会に訴えています。
日本ユニセフ協会は、バヌアツのサイクロン被害に対応するユニセフの活動を支える緊急
募金を受け付けています。報道関係の皆様におかれましては、ユニセフ『自然災害緊急募金』
の告知にご協力いただけますよう、お願いいたします。
■□ 自然災害緊急募金 □■
郵便局(ゆうちょ銀行) 振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
*通信欄に「自然災害緊急募金」と明記願います。
*窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。
*公益財団法人 日本ユニセフ協会への寄付金には、特定公益増進法人への寄付として、
所得税、相続税、法人税の税制上の優遇措置があります。また一部の自治体では、
個人住民税の寄付金控除の対象となります。
* * *
■お問い合わせ
(公財)日本ユニセフ協会  広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036 jcuinfo@unicef.or.jp
または
Rose Foley, ユニセフ・ニューヨーク tel: +1917 340 2582,  rfoley@unicef.org
Andrew Brown,  ユニセフ・バンコク  tel: +66 2 356 9407,  abrown@unicef.org
Alice Clements,  ユニセフ・バヌアツ tel: +678 546 7132, aclements@unicef.org
Donna Hoerder,  ユニセフ・スヴァ(フィジー)
                                   tel: +679 3236 100, dhoerder@unicef.org
■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)
※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
  任意拠出金で支えられています
■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.