イタリア最大の革製品展示会会場で日本の学生作品がコンテスト入賞!

左:小西翔さん・右:阿部光希さんの作品
 
エントリーした44名のうちイタリア以外の学校から参加したのは小西さんと阿部さんのみ。100カ国以上の国々から約18,000人のファッション業界関係者が訪れる会場で審査が行われ、美しいイタリア素材を活かした斬新な発想が高く評価されました。
今回の学生作品コンテストは、皮素材のベルトや紐など最高級の副資材をラグジュアリーブランドに提供しているイタリアのメーカー、「Domodossola(ドモドッソラ)社」が主催したもの。100年以上の歴史を誇る「ドモドッソラ社」が新しい才能の発掘のために開催し、「リネアペッレ2015」会場内で、ヨーロッパのファッション業界を牽引する審査員たちによる評価が行われました。
二人の作品は、今後ニューヨークの「LINEAPELLE(リネアペッレ)2015」会場でも展示される予定です。2位 [副賞:700ユーロ]
小西 翔 
モード学園 ファッションデザイン学科 高度専門士コース
受賞コメント:
日本人の物づくりを世界の人にみてもらえるチャンスだと思い、コルクで全素材をつくり丁寧に美しく仕上げました。これから世界にむけてクリエーションをしていく大きなステップになり、とても嬉しいです。3位 [副賞:500ユーロ]
阿部 光希 
モード学園 ファッションデザイン学科
受賞コメント:
とても光栄です!ドモドッソラ社から素敵な色の素材を提供いただいたので、色彩を効果的に使うことにチャレンジしました。学生生活最後にとてもいい経験になりました。
学校法人・専門学校 モード学園http://www.mode.ac.jp/
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.