東急ハンズ大分店、4月16日(木)アミュプラザおおいた 3階にオープン ~How to play“OITA”『新しい大分の楽しみ方』を発掘~

株式会社東急ハンズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:榊 真二)は、JRおおいたシティ アミュプラザおおいた3階に、2015年4月16日(木)東急ハンズ大分店がオープンすることをお知らせいたします。
九州地区4店舗目となる大分店は『大分の遊び方 How to play“OITA”』をストアコンセプトとして、“大分の良いところ”“大分の新しい暮らし”をお客様と一緒に発掘し、地元のお客さまの生活をより豊かに「UP DATE」できるヒントを各コーナーで提案していきます。
・東急ハンズ大分店イメージ画像http://www.atpress.ne.jp/releases/58807/img_58807_1.jpg
■東急ハンズ 大分店 店舗概要
出店地  :大分県大分市要町1番14号
      JRおおいたシティ アミュプラザおおいた3階
交通   :JR大分駅直結
開業日  :2015年4月16日(木)
営業時間 :10:00~21:00
店舗面積 :約1,480平方メートル(約450坪)
取扱商品数:約40,000SKU(内地元アイテム数:約100SKU)
■大分店独自コーナー「ほれぼれ大分」http://www.atpress.ne.jp/releases/58807/img_58807_2.jpg
日本一のおんせん県としても有名な大分県。温泉のように、掘れば掘るほど湧き出てくる大分の魅力をヒト・モノ・バショの3つの視点で深堀し、大分の毎日を「もっと豊かに楽しく暮らしをUP DATE」できるヒントを大分店より地元のお客さまへはもちろん、観光でお越しの方へも発信していきます。
・商品イメージhttp://www.atpress.ne.jp/releases/58807/img_58807_3.jpg
<豊後ダイニング>
調味料を中心に、地元大分の食品を販売するだけではなく、生産者や製造工程などを紹介しながら、商品に込めたつくり手の想いを店頭で表現しながら、魅力を県内外のお客さまへ提案します。
<おおいたからの、オクリモノ>
大分店のイマを表現するスペースとして、誰かに贈りたくなるアイテムを提案していきます。オープン時は、『母の日』に向けた、人気のプリザーブドフラワーと「大分メイド」のライフスタイル雑貨を販売。
<グッドモーニング!OITA>
「とっておきの、早起きしたくなる朝食スタイル」をテーマに、ハンズが提案するワンランク上のスタイルを店頭で表現。地元のジャムやオーガニックシリアルなども展開し、“おいしさ”はもちろん、朝食の時間を楽しく過ごせる関連グッズも合わせて紹介します。
<やすらぎドリップ>
こだわりを求める方が増えてきた「コーヒー」。チェーン店で飲むのも良いですが、ご自身でドリップして淹れるコーヒーは、また格別な味です。ドリップを愉しんでもらえるグッズを集め、地元の人気カフェとコラボしたオリジナルブレンド豆などの販売も予定しております。
<四季コスメ>
四季に合わせた、お悩み別の解決コスメを随時提案していき、ご当地コスメやハンズがオススメするナチュラルコスメ、美容機器などを組み合わせて展開していきます。
<Play!STATIONERY>
「DESK・MESSAGE・TOOL・HOBBY」の4つのテーマ別に、定番文具だけでなく“遊び心”のある文具を提案。思わず使いたくなるモノや友だちへ自慢したくなる文具など幅広く商品を紹介します。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.