就職活動の悩みがひとつ増えた!? 私服面接の場合、5人に1人はリクルートスーツを着用! ファッションアプリiQON『私服面接に関するアンケート調査』を実施

ファッションアプリiQONを運営する株式会社VASILY(東京都渋谷区、代表取締役:金山裕樹)は、『私服面接に関するアンケート調査』を実施致しました。
その結果、「面接は私服でお越し下さい」と指定された場合83%が悩み、5人に1人は、リクルートスーツを着用するということがわかりました。
 ■ 私服指定の面接83%がファッションに悩む ■
ファッションアプリiQONでは、ユーザー978名(10代〜24歳までの女性)に対し、私服面接についての意識調査を実施しました。
「面接は私服でお越し下さい」と指定された場合、何を着たらいいか悩みますか?(または悩んだ経験がありますか?) という問いに、83%の方が「はい」と答え、私服面接でのファッションに悩む姿が浮き彫りになりました。
 ■ 私服と言われても5人に1人は理リクルートスーツ ■
さらに、「面接は私服でお越し下さい」と指定された場合、
どんな服装で受けますか?(または受けましたか?) と
聞いたところ、74%が私服、22%が「リクルートスーツ」
という回答になり、私服を指定されても「5人に1人」は
リクルートスーツを着用することが分かります。
 ■ 私服奨励の面接69%がリクルートスーツを着用 ■
そこで、「面接時の服装は自由です」と言われた場合、
どんな服装で受けますか?(または受けましたか?)と聞くと、
69%がリクルートスーツ、29%が私服を着用すると答え、
どちらでも大丈夫の場合は、悩む必要のないリクルートスーツ
を選択し、私服面接のハードルの高さが伺えます。
 ■ アパレル企業の私服面接76%がその企業の商品を着る ■
また、アパレル系企業を受けるとして、
「面接は私服でお越し下さい」と指定された場合、
その企業のブランド商品を身につけますか? という問いに
対しては、76%が「身につける」と回答していますが、
約4人に1人の割合になる24%が「身に付けない」と回答。
敢えて身につけるか付けないか?悩む気持ちが現れています。
 ■ 私服面接は悩みの種!? ■
今回の調査結果では、私服面接は就職活動の悩みの一つに
なっていることが伺えます。
企業が求める個性やセンス、清潔感など、私服面接を
実施する意図を汲み取って「自分らしさ」を表現するのは、
正解が無いだけに、悩みの種になっていると言えます。
【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社 VASILY
担当者名:井関紀子
TEL:03-5422-8412
Email:info@vasily.jp

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.