複数の仕事を兼務するビジネスマンが増加

新しいワークプレイスを提供する日本リージャス株式会社の本社、リージャスは「働き方」に関する調査を、世界100ヵ国、2万2,000人以上の経営者や経営幹部に実施しました。
その結果、ビジネスマンが時と場合によって就労形態を使い分けて、複数の企業や仕事から収入を得る働き方「複業」をするひとが、5年前より増加していることが分かりました。
■「5年前と比べて複業するひとが周りに増加した」と回答した割合(主要国抜粋)
 o 日本 49%
 o イギリス 53%
 o アメリカ 60%
 o フランス 37%
 o デンマーク 43%
 o インド 43%
 o 中国 67%
 o ベルギー 39%
 o オランダ 49%
 o ブラジル 56%
 o サウジアラビア 59%
 o オーストラリア 50%
 o カナダ 49%
 o メキシコ 46%
 o グローバル平均 50%
複業は、主となる仕事の収入を他の仕事で補う「副業」とは異なる働き方で、雇用形態にはこだわらずに、複数の仕事それぞれでやりがいや成果を求めたり、不安定な経済状況でリスクを回避できたりする新しい働き方です。柔軟な働き方を希望するビジネスマンの拡大、および柔軟な働き方を許容する企業の増加が、複業するひとが増えている要因と考えられます。
また本調査では、働く時間帯についても多くの回答者が「企業側で設定した固定された勤務時間帯で働くことは、自身の仕事内容に適してはいない」と回答しており、柔軟な働き方を求めていることが明らかになりました。
■「固定された勤務時間帯で働くことは、自身の仕事内容に適していない」と回答した割合(主要国抜粋)
 o 日本 39%
 o イギリス 72%
 o アメリカ 69%
 o フランス 62%
 o デンマーク 69%
 o インド 79%
 o 中国 58%
 o ベルギー 71%
 o オランダ 68%
 o ブラジル 76%
 o サウジアラビア 81%
 o オーストラリア 77%
 o カナダ 54%
 o メキシコ 75%
 o グローバル平均 68%
本調査結果を受けて日本リージャス代表取締役の西岡 真吾は「就労形態や時間に縛られることのない柔軟な働き方は、日本はもとより世界中でニーズの高まりをみせているようです。柔軟な働き方の実践においては、働く場所も柔軟性高いスペースが求められます。世界および日本全国にネットワークを有するリージャスグループのビジネスセンターは、利用したい時に必要なスペースを活用できるため、柔軟な働き方に最適な仕事場となるでしょう」と述べています。
<お問い合わせ先>
リージャスグループ   
Tel:0120-303-544  
E-mail:info.asia@regus.com

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.