台湾のベンチャー、SpotCamが、クラウド・タイプのネットワークカメラ「SpotCam HD」を提供

 台湾のベンチャー、SpotCamは、電源に繋いでWi-Fiに接続するだけで利用できる、クラウド・タイプのネットワークカメラ、「SpotCam HD」を提供した。
 SpotCam HDは、映像をクラウドにストリーミングするため、PCやスマートフォンなど、任意のプラットフォームから閲覧することができる。ライブ映像のほか、1日分の映像の録画と閲覧も無料で利用することができるという。有料のオプションプランでは、3~30日間の映像の録画を行うことも可能だ。
 SpotCam HDは、クラウドのストレージ・サービスで、映像を録画するため、録画装置を設置する必要がなく、経済的である。また、動きや音を検出したときに録画を開始するようにもできるので、録画のデータ量を大幅に低減できる。
 SpotCam HDは、110度広角レンズを搭載し、720P HD画質での撮影が可能で、自動IR(赤外線)LEDを使って、暗い場所でも撮影することができる。
 動きや音声が検知されたときに、メールやアプリでリアルタイムに通知されるように設定することもできる。留守番中のペットの様子など、外出先での自宅内の様子を確認するのに役立つだろう。また、営業時間外の店舗の様子を監視する用途にも利用できるかもしれない。
 SpotCam HDは、スケジューリング機能を搭載しており、カメラの作動時間を週間スケジュールで予め設定することもできる。また、内蔵マイクとスピーカーにより、SpotCam HDを通じて双方向の音声通信に対応しているため、Webビデオ会議にも利用することができそうだ。
SpotCam HDの価格は一台19,800円(149ドル)で、公式サイトの他、Amazonなどでも販売されている。
 SpotCamは、日本での販売パートナーを探していますので、お気軽に問合せください。https://www.myspotcam.com/?lang=jphttp://iikurakoichi.cocolog-nifty.com/blog/ebooks.html
【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ITプレス
担当者名:飯倉 弘一
Email:iikura@ai.ayu.ne.jp

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.