パブリックエディターが決定 4月始動 河野通和さん・小島慶子さん・髙島肇久さん、社外の声を反映

 
■「ともに考え、ともにつくるメディア」めざす
 PE制度は、読者をはじめ社外のさまざまなご指摘・ご意見をきちんと受け止め、報道に生かすようにするのが狙いです。朝日新聞社は記事取り消しなど一連の問題を反省し、1月に公表した「信頼回復と再生のための行動計画」で、「ともに考え、ともにつくるメディア」をめざすことを掲げました。PE制度はそれに向けた具体的な取り組みの柱です。読者をはじめとする社外のさまざまな声を編集部門に伝える「橋渡し」の役割を務め、報道の改善につなげます。
 このほか、4月から毎週日曜と月曜に、フォーラム面を新設します。読者のみなさまの議論の広場で、記者も輪に加わり、ともに考え、新しいニュースを探ります。先行して、朝日新聞デジタルにフォーラムページ(http://t.asahi.com/forum)を立ち上げています。■編集部門に提言、紙面・デジタルで発信
 PEは、社外から日々寄せられる声を総合的に集めて、編集部門から独立した立場で報道を点検します。そのうえで、必要があれば、編集部門に見解を述べたり、説明や改善を求めたりします。
 また「記事が読者の目線で書かれているか」といった観点から、報道のあり方にかかわるテーマについて議論を行い、編集部門に提言するほか、活動の内容や感じたことについて、紙面や「朝日新聞デジタル」などで発信していきます。
 -パブリックエディター(PE)に就く4人の経歴-河野通和さん(61)
 こうの・みちかず 新潮社の季刊誌「考える人」編集長。1953年生まれ。中央公論社(現・中央公論新社)に入社し、「婦人公論」「中央公論」編集長、取締役雑誌編集局長兼広告総括部長などを歴任。2010年新潮社に入社し、役員待遇で現職を務めている。小島慶子さん(42)
 こじま・けいこ 1972年生まれ。TBSアナウンス部に勤務し、2010年退社。以後テレビ出演やエッセイ執筆などを行っている。第36回ギャラクシーDJパーソナリティ賞受賞。著書に「解縛」(げばく)(新潮社)など。週刊誌「AERA」で対談コラム「小島慶子の幸複論」を連載中。髙島肇久さん(74)
 たかしま・はつひさ 1940年生まれ。NHKでワシントン、ロンドンの特派員、「NHKニュース21」キャスター、報道局長などを歴任。2000年国連広報センター所長、02年から民間初の外務省外務報道官に就いた。08年からは日本国際放送の社長を務めた。中村史郎(51) =社内PE
 なかむら・しろう 1963年生まれ。政治部員、中国総局員、国際報道部長、東京本社編成局長補佐、同広告局長などを経て2015年1月からPE準備責任者。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.